任意売却のすすめ


こんばんは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

 

お正月からずっと、いちごが食べたい・・・と思っていたら、

いつもお世話になっている税理士の先生に埼玉名産の

つる付きいちご

を頂きました!

itigoo

早速会社に帰って一つ食べてみると、感動的美味しさ。

ありがたい限りです。

願望は思い続ければ現実となるんだなぁと思いました。

 

さて、住宅ローンが払えなくなり、滞納が続くと・・

怖い督促が沢山くるのではないか?と不安になると思います。

そして、

「すぐに競売になってしまうのか・・」

「追い出されるのか・・」

「どうなるんだ・・」

と逃げたくなってしまいます。

不安で眠れない日々を送っている方も多いと思います。

 

ですが、一番やってはいけないことは、

・無視すること

・逃げること

だと私は思います。

 

金融機関もローンは払われないし、連絡は取れないし、、という状況が一番不安なのです。

 

そして、最近では、金融機関側から

「このままでは競売になってしまいますが、任意売却という方法がありますよ。」

というお知らせを送ってくれたりします。

例えば、こんな文章です↓

 

○○○○銀行では、今後の返済が難しくなったお客さまに、

ご自身で住宅を売却する「任意売却」をご検討いただいております。

任意売却は、

・通常の不動産取引として売買されるため、一般的に高値で売却できることが期待され、

 お客様の負債の縮減につながります。

・裁判所による手続きである競売と比べると、ご自身の引渡時期についての調整がしやすく、

 ご自宅退去後の生活設計が立てやすくなります。

 

という文面です。

つまり、債権者である金融機関と債務者である物件所有者さん双方に

メリットがある解決方法が任意売却であると言えます。

 

債権者と債務者は敵対関係ではなく、返済が難しくなってしまったことに対して、

そこから最善の策を取ってお互いに解決していく関係であります。

どうしても負い目があるので逃げたくなりますが、

そこさえ乗り越えれば、怖いことにはなりません。

まずは、正しい知識を備えることが大切です。

知っていることで正しい判断ができると思います。

 

任意売却についてのご質問、ご相談はお任せ下さい。

総合的にアドバイスさせていただきます。

 


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する