覚悟の磨き方


t02200314_0800114112559238711

 

こんばんは。(^O^)

シナジー・マネージメント  高橋です。

素晴らしい本に出会いました。

もう既に3回も読んでしまいました・・。

 

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版
¥1,575
Amazon.co.jp
覚悟の磨き方

幕末の教育者であり、思想家の

吉田松陰

の超訳。

吉田松陰の志を継ぐことを自らの使命としている、

リーダーシップ・行動心理学の研究者の池田貴将さん の著書。

吉田松陰の言葉を現代の言葉でわかりやすく訳されています。

本が手に入り、まず驚いたのは、本のデザイン。

クールでかっこいい。そして、引き込まれる。

「本を読まない人のための出版社」というコンセプトの出版社、

サンクチュアリ出版 から出ているのが納得できる。

抜群にセンスがいい。そして、すごく読みやすい。

普段本を読まない人でも確実に読めるだろう。

吉田松陰のことは、生まれ育った町の近くに松陰神社 があったので、

幼少期から母から偉大な思想家であったことは聞かせれていたが、

こんなにすごい人だとは知らなかった。

吉田松陰の志や考え方が6章に分類され、176もの言葉が書かれている。

どれも凄まじく心に突き刺さる。

生き方。

なんて大層なことを言えないが、自分の生き方について真剣に

考えさせられ、本を何度も閉じてしまった。

1章ごとで今の自分が一番心に響いた言葉の番号を記してみた。

第1章「心 MIND」

9:逆境に礼を言う

第2章「士 LEADER」

69:上に立つ人間の日常

第3章「志 VISION」

107:役割が人を作る

第4章「知 MISDOM」

136:知識と行動

第5章「友 FELLOW」

153:無駄なものに尽くすこそ価値がある

第6章「死 SPIRIT」

173:人生は四季を巡る

多分、読んだ人、それぞれ響く言葉は違うのだろうし、

自分自身の状況によっても変わってくるのだろう。

176の言葉全てよかったが、どれかをあげるとしたら、

今はこれだといえる。

そして、30歳という若さで亡くなった吉田松陰。

最後の「死」の章の173:人生は四季を巡るは、ただ泣けた。

そんな、今後心の支えになるであろう、この本。

暗記するほど、読み返していこうと思う。

そして、自分の生き方を考えていきたいと思った。

だれかとこの本について語りたい!と思い、

【吉田松陰について語る会】

最低人数:2名
場所:都内居酒屋
内容:ただ吉田松陰について語り、酒を飲む

という会を本気で企画しようかと思うくらい(笑)

素晴らしい本でした。

とてもおススメの本、しびれます。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する