牛丼経済学


t02200293_0768102412526310512

こんにちは(^O^)

シナジー・マネージメント  高橋です。

 

今日のランチは吉野家~

定食は、すき屋の納豆豚汁定食が好きですが、

やっぱり牛丼は吉野家が一番好きです☆

私のこだわりの食べ方↓↓

①並、卵を注文
②卵をとき、全体にかける
③中央部分の肉をかき分けくぼみをつくり大量の紅ショウガを置く
④周りに七味唐辛子をかける
⑤紅ショウガを崩しながら食べる

はい。超美味です。
学生時代、貧乏仲間の友達から伝授された食べ方です。

卵は必須なので、「つゆだく」にするとだくだくになるので「つゆだく」にはしません。

って、私の牛丼の食べ方などどうでもいいですね。。

とにかく今日は牛丼が食べたくて夢にまで見ました。

理由は↓

一杯の牛丼から見えてくる日本経済の軌跡とこれから―アベノミクスでデフレ・外食不況は脱出できるのか!?/ビジネス教育出版社

¥1,470
Amazon.co.jp

この本を読んだからです。

ファイナンシャルプランナー佐藤毅史さん の著書。

佐藤さんは元調理師、その後ニートを8ヶ月経験、そして住宅管理会社

という異色の経歴からFPとして独立。

保険や金融商品を売らないFPとして強い志と信念を持つお方。

そして、年間数百件にも及ぶ講演をされているのです。

私よりもだいぶ年下で、こんなに熱く、志し高く、勢いがある・・・

佐藤さんとの出会いは、

スーパーサイヤ人が登場した時のような衝撃でした。
(※ドラゴンボールZの登場人物)

まさに「最強のFP」だと私は思っています。

そんな佐藤さんの著書。

本を出したいと言ってから数ヶ月で発売。。すごい。

元吉野家のキャスト(店員さんの事をキャストというらしい)の経験から

牛丼業界をわかりやすく解説。

そうなの!?ということばかりで、とても面白い。

牛丼屋さんに行くのが楽しくなるような裏話も満載。

でもただの牛丼の話ではなく、日本経済の問題点と

これからの課題を分析。とても説得力があります。

そして、飲食業界が元気になれば日本経済は必ず復活する!

という強い信念がひしひしと感じ取れる心強い本です。

こんな若者が未来を支えていくんだ!私も頑張ろう。と思いました。

「付加価値評論家」でもある佐藤さん。

価格競争ではなく、付加価値がいかに大切か。

どんな仕事でも当てはまることではないでしょうか?

牛丼の話から日本経済のこれからまで、実に痛快でおもしろく、

未来に希望が持てます。

なにより、牛丼屋に行きたくなり、行ったら普段と違う見方で楽しめること

間違いなし!この本は牛丼消費量を上げることでしょう。

おススメの本です!


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する