ノンストップで本を読んでいます。


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

なんだか、忙しい・・ が、、

忙しいという言葉は発してはいけません。

なぜなら、

忙しいとは、

「心」を「亡くす」

と書きます。

「忙しいー」と言うと、「心を亡くしてまーす」

と自ら言っているようですよね。

忙しいと、本当に心を亡くしているような感じで

失敗してしまうので、

最近では、本を読み続けています。

そして、心を落ち着かせて、気持ちをリセットしています。

最近読んだ本↓

彼女がその名を知らない鳥たち (幻冬舎文庫)/沼田 まほかる

41NZjw-7M1L._SL160_
    ¥720
    Amazon.co.jp

↑沼田まほかるさんの「9月が永遠に続けば」を読んで

この方の深さや文章力にはまってしまいました。

そして、これ。。マジ深い。

恋愛ミステリー系ですが、その恋愛が深い。

これが恋や愛というならば、私は恋愛をしたことがないでしょう。

途中までは、登場人物のダメ人間ぶりに読み進みませんでしたが、

最後の方はすばらしかった。

おススメです。

猫鳴り (双葉文庫)/沼田 まほかる

51GtcE2pPkL._SL160_
    ¥550
    Amazon.co.jp

↑またまた沼田まほかるさんの小説。

ある1匹の猫のとりまく人間もよう。

心が温まるような。切なくもなる、不思議なお話でした。

うーーん。やはり深い。

あまり動物系の話は読みませんが、

猫っていいな。と思いました。

新・中間省略登記が図解でわかる本/福田 龍介

51-TKeO8TIL._SL160_
    ¥1,890
    Amazon.co.jp

↑先日、著者のフクダリーガルコントラクツ&サービシス

の福田先生のセミナーに参加しました。

福田先生は、「新・中間省略登記」の第一人者なのであります。

平成17年に中間省略登記が廃止されたとき、

中間省略問題に取り組み、それが報道でも大きく

問題化され、最終的に政府を動かすきっかけとなったのです。

「新・中間省略登記」の公認を求めた平成18年末の

規制改革・民間開放推進会議の答申にも関与された

正義感たっぷりのお方。

直接お話することが出来てとても光栄でした。

つい最近、新・中間省略登記での不動産取引の仲介に入ったのですが、

司法書士さんに断られてしまったり、

金融機関の方にローンを断られてしまったり・・

まだまだ昔の中間省略のイメージが強いようです。

福田先生に直接お話を聞いて、大変参考になりましたし、

この本には、実務の事もこれでもか!というくらい書かれているので、

とても勉強になりました。

不動産業者の方、司法書士の方、金融機関の方、

必読です!!

以上、最近読んだ本でした。

なにか、おススメ本があったら教えて下さい。

では。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する