わかりやすく伝えるということ


こんにちは。(^O^)

 

シナジー・マネージメント  高橋です。

先日、お客様に言われて ハッ としました。

「高橋さんの言うことはわかりづらい」

そして、

「高橋さんはわかっていることかもしれないけど

我々素人はわからない言葉もある。

そして、高橋さんは普段やっていることだから

大丈夫ということでも、こちらは人生の一大事であり、

不安で仕方が無いのです。」

とのことでした。

私は、自分ではわかりやすく説明していたつもりでした。

はい、つもり。

伝わっていなければ何の意味もありません。

そして、何がわからないのだろう。。と冷静に考えてみました。

例えば、普段普通に使っている言葉↓

・抹消(まっしょう)

・債権者(さいけんしゃ)

・抵当権(ていとうけん)

・権利証(けんりしょう)

・差押(さしおさえ)

・配分(はいぶん)

・評価証明(ひょうかしょうめい)

などなど。

普段、当然のごとく使っている言葉。

それも、お客様にとってはわからないこともある。

私自身、知ったかぶりしてしまうことが多いのですが、

先日もある営業マンの言っている説明の意味がわからず、

でもいちいち「それなんですか?」

と聞くこともできず、わかったふりをした事がありました。

そして、全く心に響きませんでした。

わかりやすく伝えている。

と自分では思っていました。

そして、私は毎日毎日、色々な問題を見ていますが、

お客様にとったら一生のうちにあるか無いかの一大事。

そして、とても不安で押しつぶされそうなのです。

そんなお客様に対し、私からみたら「全然大丈夫です」

ということも、お客様からみたら「どこがどう大丈夫なんだ?」

と思うこともあると思います。

なんだか、勘違いしていた自分に猛烈に腹が立つ。

偽善者とはこうゆうことだ。と気付かされた、雨の水曜日。

聴く、伝える。

とても難しいこと。でもとても大切なこと。

改めます。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する