サービサーの勘違い


こんにちは。o(^▽^)o

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

最近の日課は、会社に来たらまずこれを一気に飲み干すこと↓
t02200295_0800107113214050999
カゴメ「毎日飲む野菜」

こちら、知り合いの方からすすめられて1箱買ってみました。

食塩、砂糖、着色料、保存料などが入っていないので、

身体に優しい野菜ジュースです。

でもとっても飲みやすく、美味しいです。

ついつい、野菜不足になってしまうので、簡単に野菜が取れるので、

続けたいと思います!何事も健康第一ですね。

さて、任意売却後の残債の処理として、

「自分で債権者と交渉して払える範囲で支払っていく」

という方法があります。

そして、債権がサービサー(債権回収会社)に移ると、

債権交渉がしやすくなることもあります。

ただし、ここで勘違いしている方が多いのが現状です。

よく、

「サービサー(債権回収会社)に債権が移れば、

二束三文で債権を買っているので、

例えば1000万円の残債務が10万円でチャラになるよ!」

などと目からうろこの様な話しをしている専門家がいます。

借金が少額でチャラになるから、

サービサーに債権が移ったらチャンスだ!

という風に思っている方も多いのではないでしょうか。

確かにそういったことがあります。

ただ、ここで勘違いがあります。

サービサーの仕事は、簡単に言うと、

金融機関などから債権を安く買って、高く売り、

その差額の利益を取ることです。

債権を安く買っていれば、ある程度回収が出来たら、

それ以上は債権カットするよ。ということは、

利益が確定できていれば有り得ることなわけです。

でも、全部がそうではありません!!

サービサーには、「譲渡」と「委託」という2つの業務があるからです。

☆譲渡の場合

1.金融機関から債権を買い取っている。

2.ほとんどの場合で貸付残金よりも低い金額で買い取っている。

3.買取金額よりも高い回収が利益となります。

※そのため、債権カットの交渉ができる可能性がある。

☆委託の場合

1.単に回収の交渉業務を委託されている。

2.債権者は金融機関のままなので、貸付残金は1円も値引きされていない。

3.サービサーは交渉窓口なだけなので金融機関が直接的に債権放棄がしづらい。

※そのため、債権カットの交渉ができる可能性が極めて低い。

この違いをしっかり確認しないと、

「債権カットしてるのを期待していた。こんなはずじゃなかった!」

ということになります。

サービサーからの通知が来たら、そこをしっかりと確認した方が良いでしょう。

サービサーから通知が来た!

残債務はどうしたらよいか?

などでお困りでしたら、お気軽にご相談くださいね。

私高橋愛子が担当させていただきます【無料相談会】

予約状況↓

2月14日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

2月15日(日) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

2月21日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

2月22日(日) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

          

※平日も、もちろん受け付けております。

t02200330_0800120013194907819

場所は、銀座のコンサルティングル-ム となります。

中央区銀座3-11-16 G3銀座ビル5階

地下鉄「銀座」駅徒歩5分

都営浅草線「東銀座」駅徒歩1分

日比谷線「東銀座」駅徒歩3分

お申込みはこちらのフォ-ム から

お電話でのお申し込みは、0120-447-472 まで


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する