【フラット35・機構融資】返済方法変更メニュー☆


こんにちは。(。・ω・)ノ゙

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200295_0478064012957559937

昨日は、熊谷へ物件調査へ。

やはり、気温が全然違う。。暑かったです。

夏はもうそこまで来ていますね。

さて、住宅金融支援機構の住宅ローン(フラット35・機構融資)

を組まれている方で、支払いが厳しい・・という方のために

返済方法返済メニューがあるのはご存じでしょうか?

●Aタイプ(返済期間の延長などにより、毎月の返済額を軽減)

(手数料不要)

1.倒産など勤務先等の事情により返済が困難となっている人

2.年収が機構への年間総返済額の4倍以下または月収が

 世帯人数×64,000円以下、または住宅ローンがある一定額を超える

 人で、収入減少割合が20%以上の人

3.返済方法の変更により今後の返済を継続できる人

 →返済期間の延長(最長15年)

●Bタイプ(遅れている返済分を今後の返済に加える方法)

(手数料:フラット35は不要 機構融資は5,250円)

返済分を債務者(ローン借入者)と相談した期間内で均等に分割し、

その分割分を今後の返済額にプラスする

●Cタイプ(一定期間、返済額を減額)

(手数料:フラット35は不要 機構融資は5,250円)

相談した期間内の範囲で返済額を減らすことができる

※減額期間が終了した後の返済額は増加し、総返済額も増加する。

●Dタイプ(ボーナス返済の変更)

(手数料:フラット35は不要 機構融資は5,250円)

①ボーナス返済月の変更、

②毎月・ボーナス月返済額の内訳変更

③ボーナス返済の取りやめ

当初の予定がくるってしまい、返済が厳しい・・・

という状況に陥った時、こういった条件変更の相談ができるので、

まずは、状況説明をし相談をしてみることが大切です。

ただし、

・条件変更には審査があること

・返済期間延長などをすると総返済額が増えてしまうこと

をしっかり頭に入れてプラン変更をすることが大切です。

今回は、住宅金融支援機構のことですが、

その他の金融機関の住宅ローンも条件変更(リスケジュール)

の相談は受け付けてくれます。

実行できる確率は100%ではありませんが、

とりあえず、当たってみることです。

リスケジュールは、返済を続けていくための前向きな交渉です。

負い目を感じることはありません。

粘り強く、交渉することが大切です。

リスケジュールのアドバイスもさせてただいております。

銀行に交渉に行く前に、お気軽にご相談くださいね。

0120-447-472


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する