賃貸契約に新方式


こんにちは。。☆彡

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200295_0800107112875728732

↑ホワイトデーのお返しにとっても御利益のありそうな、

ストラップをいただきました。

早速、お財布と携帯に付けました。良いことがあるといいなぁ~

さて、賃貸契約に新方式が導入されるようです!!↓

http://www.nikkei.com/article/DGXNZO68261890U4A310C1EA1000/

国土交通省が動き出しました。

賃貸住宅でも借り手が自由にリフォームすることを認める契約を推進するそうです!

今までの賃貸住宅は、貸主がリフォームをして貸すのが一般的で、

借主は、自由にリフォームすることができず、やったとしても

原状回復義務がありました。

退去時にトラブルになることもしばしば。

敷金の問題も以前ありましたよね。

また、空き家問題にも歯止めがかかりそうです。

現在の空き家の比率は、全住宅に対し13%もあるそう!!

人口が減る中、新築ばかり建てていると中古住宅が余ってしまうのは

目に見えていますよね。

外国のように、中古住宅の価値の向上や有効活用をするべきです。

国土交通省も住宅政策として、既存住宅の有効活用に対し、

色々と政策を設けるそうです。

今回の新方式では、

入居者のリフォーム費用の一部を補助することを15年度の予算に盛り込むそう。。

いいですね♪

借主さんは、賃貸でも自由にリフォームできる。

貸主さんは、リフォームしなくても物件を貸せる。

リフォーム業者さんは、仕事が増える。

不動産会社さんも、仕事が増える。

空き家が減る。

みんな、WIN!ですね。

実は、「自由にリフォームできる物件ないですか?」という要望って多いんですよね。

賃貸業界の活性化。

中古住宅の活性化。

につながり、とても良い仕組みだと思います!!

国土交通省は、「賃貸契約に関する指針」をつくり、来週発表するそうです。

注目ですね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する