二重ローン問題


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

25日のセミナーですが、無事終えることが出来ました。

ご出席の皆様、ありがとうございました。

ちゃんとお伝えできたか不安ですが、

少しでも、住宅ローン破綻の現状や任意売却について

理解していただけたら幸いです。
t02200165_0320024011316071525

そして、なんと仙台からも来て頂きました。

お土産までいただき、ありがとうございました!!
t01800320_0180032011316075732
↑東北限定「ずんだプリッツ」↑

とても美味しかったです。ありがとうございます!

さて、震災後の深刻な問題の一つ

二重ローン問題。

について、政府が支援策を発表しました。

「二重債務対策プログラム

~事業と住まいの再生支援~」

①負債を抱えながら被災された中小企業や農林水産業

 などの事業者のみなさま

②住宅ローンを抱えたまま、ご自宅が被災された方

向けに支援策が盛り込まれています。

その中の、住宅ローンを抱えたまま、ご自宅が被災された方

への支援策をご紹介します。

■現在の債務(被災前の住宅ローンの負担を軽減)

1.住宅ローンの負担を軽減

 住宅金融支援機構の住宅ローンを利用されている方に

 対しては、払込みの猶予や返済期間の延長、払込み

 猶予期間中の金利引き下げ等を行う。

 ・払込猶予期間及び返済期間の延長(最大5年間猶予)

 ・払込猶予期間中の金利引下げ

 住宅が滅失しても、住宅ローン控除の継続。

2.被災された方が債務免除を受けやすい環境を整備

 金融機関が被災者との間で私的におこなった住宅ローン

 の免除についても、金融機関の無税償却などが可能と

 方針を検討し、個人向けの私的整理ガイドラインを新たに

 策定する。

■新たな住まい(新たな住まいの確保の支援)

1.極力二重債務を抱えなくても済むよう、公営住宅を用意する

 ・公営住宅の供給を強力に後押しする。

  県、市町村による用地取得や建設費用、既存住宅の買取

  費用に関して、国が支援する。

 ・入居者の収入などに応じた低廉な家賃で入居できる。

 ・公営住宅に一旦入居された後に、新たに住宅を購入する

  場合も、下記の支援を受けることができる。

2.「新しく購入する住宅ローン」に関し、以下の支援を行う。

 ・「災害復興住宅融資(住宅金融支援機構)」

  金利引下げ(建設・購入の場合、当初5年間0%等)

  元金据置期間の延長(最長5年間)

  申込期間の延長(平成27年度末まで)

厳しい現実は変わらない。

でもこうやって皆で支援しあって進んでいくしかない。

国の支援の為にも一人ひとりが頑張らなくてはいけないですね。

苦しい現実。

つらいけど、進めば、必ず復興できると信じています。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する