住宅ローンが払えなくなったら?


あせらなくても大丈夫 住宅ローンが払えなくなったら…?

・ローンの支払いが難しくなってしまった
・家を売っても、残りの住宅ローンを一括返済できない
( 住宅ローン残高 > 現在の家の価格 )

上のような状態の場合に、銀行(や信用金庫など、あなたにお金を貸してくれた金融機関)の承諾を得て住宅を売ることです。

金融機関の承諾が必要なのは、あなたの住宅がローン担保になっているからです。
このため、あなたがローンを返せなくなったら、金融機関はあなたの住宅を競売にかけて売却し、その代金を受け取ることができます。しかし、競売は、

(1)とても安い価格でしか売れない(不動産評価額の約60%)
(2)近所の人に知られてしまう

など、あなたにとっては悪いことばかりです。

競売開始までの流れ

競売開始までの流れ→住宅ローンの滞納→督促状・催告書通知→債権譲渡→競売申し立て→競売開始決定

管轄裁判所は競売に関していくつかの手続きを経ていきます。これらの手続きに要する期間は管轄裁判所によって異なりますが、おおよそ3か月~6か月を要しますので支払いが出来なくなってしまった、金融機関から通知が来たという段階なら焦る必要はないのです。

競売から引渡までの流れ

競売開始決定の通知が来たから即座に入札されるわけではありません。住宅ローン問題支援ネットではこういう時期からでもなんとかしてあなたの手助けになれるようにアドバイスさせていただきます。

競売から引渡しの流れ■競売開始決定→現況調査→競売資料の作成→売却基準価格の決定→入札期間の決定→公告→入札開始→開札・買受人の決定→売却許可決定→引渡命令

競売だと、所有者の意思に関係なく強制的に売却が進んで行きますが、任意売却は競売開札になる前に、所有者の意志(任意)を反映させ、金融機関にお願いして、競売ではなく通常の不動産市場で、少しでもあなたに有利な条件で売れるよう、交渉していくことから始まります。

知人に買ってもらいたいという場合や、住み続けたい場合、引越日に関して相談に乗ってほしいという場合などにも柔軟に対応する事ができることがあります。

任意売却では、売却代金の中から住宅ローンの他に税金(固定資産税、住民税等)の滞納や管理費等の滞納などの清算も出来ますし、諸費用なども認めてもらえることが多いです。

言葉で説明すると、ずいぶん難しいように感じられるかも知れませんが、専門のアドバイザーが最後まで親身にバックアップしますので、実際の手続きは難しくありません。

ご相談に来られる方には、「今まで夫(元夫)に任せきりだったので、お金のことはまったく分からない」とおっしゃる女性も大勢いらっしゃいますが、皆様、がんばって解決までたどりついておられます。

ご希望により、女性スタッフがアドバイスさせていただきます。

お気軽にご相談ください。


電話で相談するメールで相談する