ボジョレーヌーボ2012


こんにちは。(-^□^-)

シナジー・マネージメント  高橋です。

大阪にてずっと行ってみたかったお店に

連れて行ってもらいました。

大阪の兄貴、I さんおススメのお店↓

マリリンズキッチン

ウワサ通り、面白く美味しい最高のお店でした。

そこで、ボジョレーヌーボを飲むことができました。

実は、毎年ボジョレー解禁!と世間は騒ぎますが、

ワイン好きですが、ボジョレーはあまりそんなに興味が

ないというか・・ といっても毎年必ず飲みますけどね。

ボジョレーと言えば、毎年の評価。

これを吉田猫次郎さんのブログで見て、並べてみると

面白いことに気づき、今年の評価を楽しみにしておりました。

1995年からの評価を紹介します↓

1995年:ここ数年で一番出来が良い

1996年:10年に1度の逸品

1997年:1976年以来の品質

1998年:10年に1度の当たり年

1999年:品質は昨年より良い

2000年:出来は上々で申し分の無い仕上がり

2001年:ここ10年で最高

2002年:過去10年で最高と言われた01年を上回る出来栄え

2003年:100年に1度の出来

2004年:香りが強く中々の出来栄え

2005年:ここ数年で最高

2006年:昨年同様良い出来栄え

2007年:柔らかく果実味が豊かで上質な味わい

2008年:豊かな果実味と程よい酸味が調和した味

2009年:50年に1度の出来

2010年:1950年以降最高の出来といわれた2009年と同等の出来

2011年:近年の当たり年である2009年に匹敵する出来

(@_@)あのー、2003年が100年に一度の出来、2005年ここ数年で最高・・

2009年は50年に一度の出来・・ なんだか矛盾が多い。

そして、気になる2012年↓↓↓

2012年:
史上最悪の不作だが、
ブドウの品質はよく熟すことができて健全

うわー! まさかの不作( ̄□ ̄;)

この評価はすごい。。

でも、私は今年のボジョレー、美味しかったですけどね・・

もう一度じっくり飲んでみることにします。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する