ゴルフデビューに向けて


t02200261_0460054512231563419

こんばんは。

シナジー・マネージメント  高橋です。

 

昨日の山デビューに続き、ゴルフデビューも差し迫っている

今日この頃。( ̄_ ̄ i) ゴルフグッズを買いこみました↑

以前ブログで

「追い込まれたゴルフ回避人生」

を書きましたが、

本当にコースデビューは気が重いです。

実は、毎日ゴルフの夢を見てうなされています・・
(どんだけ嫌なんだよ)

が、デビューを後押しした「高橋特別ルール」を

聞いて、気が軽くなりました。

このルールは、一般的に初心者には公式ルールなのか?

タラレバ
ゴルフは、原則打ち直し出来ないので、「もしちゃんと当たってたら」とか、
「もし、もっと短いクラブでうっていれば」とタラレバで悔しい思いをすることが
多々ありますが、高橋さんは時間の許す限り打ち直し自由です。

手サンド
初心者の方がバンカーからナイスショットするのはなかなか困難です。
こんな時は自分の手に拾い上げて、「えい!」とばかりに投げてしまいましょう。
勿論投げたのであって打ってないからカウントしなくて結構です。
この手を使ってサンドウェッジ(クラブの名称)を使ったが如くバンカーから出して
しまうことを手でサンドウェッジの代わりをする=手サンドといいます。

2百ヤードリプレイスOK
普通はコース途中でボールを置き直してはいけません(=ノータッチ)が、
普段のラウンドでは、6インチリプレイスokというルールがあって、
ボールを打ちやすいところへ6インチ=10センチほど動かしても良いという
緩和ルールがあります。
これを高橋さんは2百ヤード=150メートルも動かして良いんです。
大概この2百ヤードを二回動かせばグリーンにオンしてしまいます。

グリーンはワンクラブOK
ホールまでワングリップ=20センチぐらいまで寄せたら、
一緒に回っている同伴者がOKといえば、打たずともカップインしたことに
する緩和ルールがあります。
これを高橋さんはワンクラブ=約1メートルまで寄ればOKしちゃいます!

ナンチャッテ
空振りも普通は1打と数えますが、高橋さんは「ナンチャッテ!」と
言えばなかった事にしちゃいます!

 

これなら、何とか乗り切れるかも・・・

「ナンチャッテ(・∀・)」

と言いまくっている自分が目に浮かぶ・・
ゴルフって奥が深いですね。

 

「趣味は、ゴルフです。フッ( ̄ー☆」

なーんて、言ってみたい。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する