「メシが食える力をつけなさい!


おはようございます。

 

高橋 愛子です。

 

今日は朝から山梨方面へ出張です。

 

ハードな一日となりそうです!

 

さて、こんな本を読みました↓

 

「メシが食える力」をつけなさい!/サンマーク出版

¥1,470
Amazon.co.jp

UBI株式会社の木村勝男会長の著書。

 

とっても読みやすく、1日で読んでしまいました。

 

木村会長の「メシが食える力」をつけるために

 

これまでの人生でやってきたことが項目ごとに書かれています。

 

どれもとても共感。

 

特に共感した2項目。

 

1.うまくいったら銭が儲かる。

うまくいかなかったら経験が儲かる。

 

なるほど~

 

そうですよね。

 

上手くいったら儲かる。失敗したら儲からない。

 

でも経験が残る。

 

それを経験が儲かる。

 

という表現をされていることがとても新鮮でした。

 

そして、何もしなかったら、何も儲からないということ。

 

そう、やった方が得ということですね。

 

お金は大切だけど、経験の方が財産になるかも・・・。

 

何事も恐れず挑戦しよう!!!経験が儲かるし~

 

と勇気づけられました。

 

 

2.「悩み」と「不安」は違う。

 

そうなんです!!!

 

これは本当に納得。

 

悩みがあるということは、前に向かって進んでいるという証拠で、

 

だから色々と悩み、もがき、知恵を絞る。

 

でも不安は、悩みに似ているようで全く違うもの。

 

不安というのは、先が見えない、どうしてようかわからない、

 

ゴールが見えなく、方向性も見えないということ。

 

確かに、先が見えない不安というのは、本当に恐ろしいことです。

 

私の仕事に置き換えて考えてみると、

 

お客様の多くは、悩んでいるというより、

 

不安

 

の方が大きいと思います。

 

そこで、方向性が見えたり、解決方法が見えたりするとそれが

 

安心に変わり、それに向かい悩むことはあるかもしれませんが、

 

不安ではなくなっています。

 

悩みはあっても、余計な不安は持たないほうがいい。

 

この本に書かれていた「悩み」と「不安」の違いに納得。

 

そして、

 

もしも何か不安に思うことがある時は、それをどうしたら取り除けるかと

 

考えて、そのために「動く」こと。

 

が大切なのだとこの本に書いてありました。

 

お客様も不安を取り除くために勇気を振り絞って動いているのだから

 

私はまずその不安を取り除くことをし、悩みは一緒に解決する。

 

そういったお手伝いをしていきたい!!

 

と改めて確信したのでした。

 

とても読みやすく、元気になる本です。

 

おすすめです。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する