心が折れる


こんばんは。(´0ノ`*)

高橋 愛子です。

よく、 「心が折れる」 と言いますが、

この言葉の語源は、女子プロレスの神取忍さんなんですって↓

http://www.nikkei.com/article/DGXNASDB11001_R10C13A7000000/

心が折れるという意味は、

苦難や逆境などでその人に支えていたよりどころが

あっという間に無くなってしまうこと。

例えば、

・一生懸命がんばっているのに、成果が出ない。

・誰も自分のことをわかってくれない。

・信じていた人に裏切られた、だまされた。

・理不尽な事を言われたり、されたりした。

など、こんなときって心が折れてしまい、もう全て嫌になってしまう。

という経験はだれもがあるのではないかと思います。

私も本当にいつも心が折れそうになることばかりです。

でも心が折れないように自分を奮い立たせています。

それは、支えがあるからです。

誰かに支えられている。ということだけではなく、

自分自身の支え。

それは誰もが同じとは限りません。

私には、やるべきことがあるというプライド。

そして、心が折れていたり、困っている方の支えになること、

守るべきものがあるという事が奮い立たせる力となっています。

と、キレイごとを書いている私ですが、

腐ることもある。

投げやりになってしまうこともある。

もう、やめてしまいたいと思うこともある。

人に迷惑ばかりかけてしまっている。

でも、仕方が無い。人間だもの。

と思いながら・・・

尊敬する吉田猫次郎さんの19日のブログに励まされました↓

強さが無くても大丈夫。100万でも100億でも大丈夫。
http://nekoken1.blog108.fc2.com/blog-entry-1563.html

はぁ、いいこと書くなぁ・・

明日も頑張ろうー!


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する