信念を曲げないということ


こんばんは。(^O^)

シナジー・マネージメント  高橋です。

昨日、とても嬉しい報告がありました。

以前、弊社で働いてくれていたTさんが、

東京理科大学の父母会の懸賞論文大会で、

なんと、最優秀賞に選ばれたとのこと!!!

すごい

昨日は、本当に自分の事のように嬉しくて

思わず、「すごい!」と叫んでしまいました。

思い返せば、短期のアルバイトとして、働き出したTさん。

その働きっぷりはすぐに皆の信頼を得て、

短期ではなく、そのまま働いてもらう事になりました。

なんだか、自分の分身のように思えた彼女とは、

色々な事を語ったり、飲んで帰れなくなったら家に泊めたり。

洋服をあげたり、風呂掃除をしてもらったり、家の電球をつけてもらったり・・・
(それってどうなんだよ)

いつの間にか、私にとってなくてはならない存在に。

そんなTさんが、「やりたいことをやるため、会社を辞めたい。」

と言ったのです。

私は、やりたいことがあるのなら止めることはないから頑張れ!

と本心とは裏腹に強がったのを憶えています。

でも、彼女のやりたいことは「大学進学」

なぜ、20代半ばでそのような選択をするの?

とそれに関しては、反対したのでした。

でも、彼女の意思は固く、昼間はアルバイト、夜は大学。という

凄まじく大変な道に進んで行きました。

そして、どんどん成長していった彼女の夢は、「研究者」になること。

この歳から大学に入り、若い学生に囲まれて、働きながら

夢に向かい突き進む、彼女は素晴らしい。と思いました。

世間体、既成概念、常識、他人の意見、など関係なく、

自分の信念を貫いているな、と。

本当にカッコイイと思いました。

そして、論文で最優秀賞。

並大抵の努力ではないと思います。

年齢的にも遅咲きな挑戦、弱気になることも多かった、

何度もめげそうになりながら書きあげたと言います。

この姿、本当に美しく、かっこいい。

その成長っぷりには、驚かされます。

信念を曲げず、進むということがどれだけ難しいか。

私は身をもって体験しています。

そして、今、色々な事に流されていると気付かされました。

私もTさんのように信念を曲げずに突き進もう。!!

と思ったのでした。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する