「絶対」ということ


こんばんは。
シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は、暑中見舞いの くじ抽選日!!

何気にこうゆうのを楽しみにしている私です・・

当選番号↓
http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2012/0903_01.html

ふふ・・ 見事にかすりもしませんでした( ̄▽+ ̄*)

残念。

年賀状に期待します。。

さて、先日ある営業マンの口癖がとても気になりました。

「絶対にそんなことはない!」

「絶対にありえないですよね!?」

「絶対に○○ですよ!」

と「絶対」と断言するのです。

私、この「絶対」と断言されることがとても嫌いですし、

そんなことを言いきっちゃダメだよ・・

営業マンとしてどうなのだろうか・・と心配になってしまいます。

しかも、それが絶対な事ではなく、やろうと思えばできること

だったので、さらに残念でした。

 

実は私も若かりし頃、

「絶対そうですよ~」

「絶対大丈夫です」

「絶対無理です」

などと軽々しく言っていました。

そして、その当時の上司にこっ酷く怒られたのです。

「絶対という言葉を軽々しく使うな!!

絶対と言い切れることは無いんだ!

あるとすれば、1つ、絶対に生命は死ぬということだけ。

だから、絶対無理だと自分で決めつけたらそれまでだし、

絶対に大丈夫ということも想定外だってあり得る。

だから絶対などと言い切っては信用を失うぞ!」

なるほど。

絶対無理です。

なんてことは、ない。

自分の努力でなんとかなるかもしれないし、

可能性は無限大だ。

絶対と言い切ってしまったらそれまで。

絶対大丈夫です。

なんてことも、ない。

絶対=100%

物事、何がおこるかわからない。

自分が大丈夫だと思っていても想定外がある。

それでお客様が安心していたら、信頼を失うし、

ご迷惑がかかる。

なので、「絶対」という言葉は軽々しく使うものではないと

思いました。

絶対という縛り。

絶対無理。

なんて言わず、あきらめない。

絶対大丈夫。

なつもりで全力を尽くす。

という気持ちで何事もやりたいと思っています。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する