怒りは敵と思え


t02200391_0480085412094552418

t02200391_0480085412094552417

 

こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は、仙台から同業者さんがいらっしゃいまして、

仙台のお土産をいただきました。

すぐ無くなってしまうかも・・と2つも。

いつも頂き物をすると、すぐに無くなってしまいます。
(もうすでにない・・)

ありがたく頂戴しました。ありがとうございますドキドキ

今後、お仕事ご一緒できれば幸いです。

さて、私ってすぐにイラついてしまう悪い癖があります。

ちょっとしたことで、

「なんなんだよー!」

ってぷりぷりしてしまう・・

そして、誤解されることも多いように思います。

周りから聞いて、

「えっ。そんな風に思われてたの???」

と驚くことも多いのです。

でも、いちいちイライラしたり、怒ったりしても

何の得もないし、状況も変わらないし、生産性が無い。

その時間がもったいないし、周りも聞いてて不愉快ですね。

そんな時に、ある本を読んでこの言葉を知りました↓

「怒りは敵と思え」

徳川家康の言葉だそうです。

個人的な怒りというのは、「自分に都合の悪い真実」を

指摘されたときが多いそうです。

相手の指摘が間違っている時は不思議と腹が立たないものです。

本当は、自分の良くないところを指摘されたら、

感謝するべきですよね。

いちいち反発していたら、自分の悪いところは是正されない。

悪いところを指摘されたり、嫌な事を言われた時は、

まず、いったん考えてみて、直すべきところをは直し

自分の悪い部分を考えるチャンスだと素直に受け止めることが

大切なのかもしれません。

カッとなって行動しても良い結果にならないですよね。

そう考えると、自信のある人や、余裕のある人は、

めったなことでは怒らないように思います。

「一笑一若、一怒一老」

一回笑えば一つ若返る。

一回怒ると一つ年をとる。

中国の言葉です。

怒っていても、老けるばかりです。

そういえば私、実年齢より年下に見られることがない・・・( ̄Д ̄;;

いちいち、怒るのやめよう。

いちいち、気にするのはやめよう。

笑顔で若返ろう


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する