目先の利益を捨てること


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

普段、口紅などつけない私ですが、、

世界女性サミットに参加した際、

スポンサー企業だった資生堂が参加者全員に

好きな色の口紅をプレゼントしていました。

 

えええ!!1400名全員分!?すごい太っ腹!

と思いまして、何となく頭で計算してみると、

口紅が約3,000円として、3,000円×1,400名=420万円!!

と思いましたが、、、世界中の女性トップリーダーにプレゼントすることの広告効果を考えると、高くないのかな。。と思いました。

せっかくなので、普段つけないような濃いピンクを↓

 

さすがは、資生堂。付け心地最高!

そして、濃い口紅を付けるだけで、なんだか、ちゃんとしてる風に見える!笑

とてもお気に入りです。働く女性としての最低限の身だしなみ+αは、

必要ですね。口紅一つで気分が上がる。

次も絶対にこの色買う!と思ってしまうのを考えると、

資生堂の広告戦略は成功だと思いました。

 

さて、私は、昔から仕事をするうえで決めていることがあります。

目先の利益より、お客様の利益を優先する。

ということでです。

そんなことは当たり前だと言われるかもしれませんが、

不動産業者の経営者をずっとやっていたので、

どうしても目先の利益を取りに行きたい時もありました。

特に、不動産関係で困っている相談者さんは、

どうしてよいかわからない・・・という状況です。

本当は、売らず済む方法があってそれがベストなのに、

自分の利益にならない。

だから、

「それは、無理です。」

「売るしかないです。」

と自分の利益になるアドバイスをして、

そのように仕向けることだってできる世界なのです。

でも、それをせずに、相談者さんの為になることを考え、

その解決方法が、自分の利益に1円もならなくても

そちらを優先してきました。

お金にはならず、葛藤することも多々ありましたが、

感謝されること。が残りました。

きれいごとだけでは生きていけないとは思いますが、

結果、長期的に様々な方面からご縁が返ってきました。

それは、相談者さんが困っている人を紹介してくれたり、

専門家から、紹介がきたり、

やはり売却したいと数年後に売却のご依頼がきたり。。

目先の利益を選択していたら、そこで終わっていたかもしれないご縁が繋がっていく感じです。

だから、私はそのスタンスを変えずにこれからも仕事をしていきます。

 

今、どうしよう。

と考えることもあると思います。

それが、とりあえずの目先の利益だったら、

長期的に視野を広げて、目の前の利益を捨ててみることで、

結果的に良くなることもあると思います。

 

これから無料相談会、出張相談です。

今日も一日頑張りましょう!

 

【住宅ローン問題支援ネット 無料相談会】

ご予約はこちらまで↓お気軽にお問合せください。

 

【土日無料相談会予約状況↓】

6月3日(土)

※予約終了致しました。

6月4日(日)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

6月10日(土) 10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

6月11日(日)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

6月17日(土)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

6月18日(日)

※バス釣りの大会の為お休みをいただきます

6月24日(土)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

6月25日(日)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp

5月3日放送終了しました↓

ラジオNIKKEI

「小島・鈴木のダイバーシティ・プラットホーム」

オンデマンド で視聴できます。

 

コーナー「高橋愛子の不動産なんでも相談室」

で不動産に関するお悩みを受け付けております。

番組ホームページより、お問合せください。

 

 


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する