自分らしく生きること


こんばんは。

 

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

大人気のドラマ、

「逃げるが恥だが役に立つ」

通称、逃げ恥。最終回でしたね。

恋ダンスのガッキーがかわいい!と話題になったので、

ちょっと見てみようかな、、と3話目くらいから見出したら、

本当にガッキーが可愛かったので、なんとなく見続けていました。

確かに面白いので途中からハマりましたが、

個人的には、石田ゆり子演じる「ゆりちゃん」が好きでした。

アラフィフのキャリアウーマン。

年下のイケメン男性に揺れ動きますが、

いい大人になってくると素直になれず、、仕事でも責任のある立場になり、、

と「わかるわーー」と思う事ばかり。とても共感しました。

最終回でのゆりちゃんの言葉も良かったです。

FacebookのAne会Timesというページでも紹介されていました↓

【輝く女性の言葉】

同じ男性を好きになった20代のポジティブモンスターとの会話。。

ポジティブ(以下、ポ):相席いいですか

ゆりちゃん(いか、ゆ):他にも空いてる席あるみたいだけど

ポ:お姉さんと風見さんってどういう関係なんですか

ゆ:・・・

ポ:17歳も違うのに恋愛対象ってことはないですよね

ゆ:年までよくご存じで

ポ:50にもなって若い男に色目使うなんて虚しくなりませんか?

ゆ:訂正箇所が多すぎて、どこから赤をいれたらいいものか・・・

ポ:(食い気味で)正確には49歳。でも周りから見れば同じです。

  アンチエイジングにお金に出す女はいるけど、老いを進んで買う女はいない。

ゆ:・・・あなたはずいぶんと自分の若さに価値を見出しているのね。

ポ:お姉さんの半分の年なので

ゆ:・・・私が虚しさを感じることがあるとすれば。あなたと同じように

  感じている女性がこの国にはたっくさんいるということ・・・。

  今、あなたが価値がないと切り捨てたものは、この先あなたがむかっていく

  未来でもあるのよ。

  自分がバカにしていたものに自分がなる。

  それって辛いんじゃないかな。

  私たちの周りにはね。たくさんの呪いがあるの。あなたが感じているのもその一つ・・・

  自分に呪いをかけないで。そんな恐ろしい呪いからは・・・さっさと逃げてしまいなさい。

 

女って、ついつい年齢で判断されがちですが、

いくつになっても、自分は自分で良いと思います。

結婚してないとか、

子供がいないとか、

彼氏が年上とか、年下とか、

彼氏がいるとか、いないとか、

お金があるとか、ないとか、、

世間の常識ではなく、自分の良いと思った道を行く。

思っていても中々できることではないんですけど。

私もよく周りから言われます。なので、世間体に流されることがありますが、

やはり、無理をして合わせても無理なものは無理です。

お客様も世間体を気にして悩んでいる方が多くいます。

常識、世間体は大切かもしれませんが、

自分を押し殺して生きるよりも、

自分らしく生きた方がずっとらくに生きれると思います。

だから常識や世間体を第一優先に考えずに、自分はどうしたいか?

ということを優先して考えてほしいと思います。

自分の道を進みましょう。

 

 

年末無料相談会 予約状況↓

12/28まで通常営業

12/29 10:00~    

   12:00~

   14:00~

   16:00~

   18:00~

12/30 10:00~

   12:00~

   14:00~

   16:00~

   18:00~

12/31 10:00~

   12:00~

   14:00~

   

年始は、1/4~通常営業です。

 

予約番号&メールアドレス

0120-447-472

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する