全国青年弁論大会


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

(社)倫理研究所 の創立70周年記念ということで、

全国青年弁論大会が有楽町の国際フォ-ラムで行われ、

行ってまいりました。

t02200282_0800102613357896390

先日、あるセミナーで講師をした際、セミナーに参加していて出会った

小形健介さんが出場するということで、応援のためです。

全国2,000人もの青年たちの中から選ばれた7名の弁士。

なんと、5,000人もの観客の前で熱き弁論が行われました。

文部科学省が後援ということで、会場は熱気にあふれていました。

何気なく「行きます!」と参加してみましたが、

参加して本当に良かった!と思いました。

全国の予選を勝ち抜いた若者たちは本当に輝いていて、

弁論も全て素晴らしく、時には感動して涙が出ました。

そして、小形健介さんの弁論。

中学2年の時に脳腫瘍を患い、左半身麻痺になった小形さん。

死にたいと毎日思っていた青春期。

でも、周りの人に支えられ、こんな人生は嫌だ!

と競泳にチャレンジしたそうです。

そして、その泳ぎを見た人たちから「感動しました!」と言われ、

こんな自分でも人を元気にしたり、笑顔にしたりできるんだ。

と思ったそうです。

そこから、障害者で出場者がいない遠泳の大会に挑戦して、

なんと、2020年のパラリンピックを目指すとか!!!

すごい。(゚Д゚)

どんな人生でもその人その人の存在意義があり、唯一無二の存在だと力強く弁論する姿に、

とても感動しました。

そして、自分自身の人生はどうだろう?

と少し恥ずかしくなりました。

t02200164_0800059813357896391

そして、投票結果は・・・?

優秀賞!!!

t02200138_0800050013358128496

おめでとうございます↑↑

最優秀賞ではありませんでしたが、

見事な優秀賞でした!!!

最優秀賞の江崎好彦さんの弁論も本当に素晴らしかったです。

納得の最優秀賞でした。

t02200164_0800059813357896392

こんな素晴らしい大会に参加できて、

本当にご縁に感謝です。

勇気と元気をもらいました。

私も何事にも挑戦し続けて行こう!と胸に刻みました。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する