不安と生きるか、理想に死ぬか。


t02200293_0768102412608183766

こんにちは。

高橋 愛子です。

先日、夢の

吉田松陰について語る会

が開催されました!!!

覚悟の磨き方 超訳 吉田松陰 (Sanctuary books)/サンクチュアリ出版

¥1,575
Amazon.co.jp

覚悟の磨き方
この本を読んでモーレツに感動した私が書いたブログがきっかけで

出版社であるサンクチュアリ出版、そして、著者の池田貴将さんも

参加していただき、総勢40名弱の大イベントとなった会。

過去ブログ参照↓
http://ameblo.jp/ninbai-synergy/entry-11541988347.html

ただ、吉田松陰について語ってお酒飲みたい!

というだけだったのですが。。

願いというものは叶うのだ!と思いました。

議員さん、日本史の先生、覚悟を磨きたい女子、幕末大好き女子、

経営者の方、池田さんのファンの方、本を読んで感銘を受けた方

などなど、沢山の素晴らしい方々との交流も図ることができました。

著者の池田貴将さん

サンクチュアリ出版 の鶴巻社長

本を読んで感銘を受けた加枝氏

この本を教えてくれた議員の松野さん

松野さんがいなかったらこの会の実現はなく、

私の妄想で終わっていたことでしょう。。

本当に感謝です。

そして、著者の池田さん、とても気さくにお話をしてくださいました。

覚悟の磨き方は、吉田松陰の言葉を現代の言葉でわかりやすく

訳されているのですが、それを訳すことがどれだけ大変だったか。

池田さんが持っていたこの本↓
講孟箚記(上) (講談社学術文庫 442)/講談社

¥1,418
Amazon.co.jp
見てみると、とても難しく、解読不能・・・と言えるこの本。

沢山のマーカーと書き込みがされ、ボロボロになっていました。

ここまで読みこみ、現代の私達の心に突き刺さる言葉に訳していたのだ。

と驚きました。素晴らしいです。

まさに超訳。

 

サンクチュアリ出版の鶴巻社長から

「読者の方からの企画でこのような会が開催されることは

出版社として本当に嬉しいことです。ありがとうございます。」

と言われました。

いや、いや、いや!!

こちらの方がありがとうございます!!!!です。

読者として本に感動し、著者の方、出版社の方と

交流ができることなんてとてもすごいこと。

こんな贅沢な時間、まさにプライスレス☆

そして、会の終盤の池田さんのお話。

本当に感動しました。

自分の志しを貫く生き方。

不安と生きるか。
理想に死ぬか。

自分自身の生き方、身の進め方、存在意義。

私もぶれない志を持って生きたいと思いました。

まだまだ語り足りない私・・・ 

7月30日に「覚悟の磨き方」の読書会がサンクチュアリ出版さんで

開催されるそうです!!

池田さんの吉田松陰の話を聞きたい方、是非一緒に行きましょうひらめき電球
↓↓↓

http://www.sanctuarybooks.jp/eventblog/index.php?e=635&cal =

定員50名だそうですが、もう残りわずかのようです。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する