死について考えた日


 

こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は、午後から埼玉方面で契約が入っていましたので

山手線で移動しようと会社を出ました。

乗る前に改札で、

「東日本橋駅で人身事故、都営浅草線が停止しています」

とのアナウンス。

はぁー。なんかいやだなぁ・・と思いながら、山手線乗車。

そして、突然、神田駅で急停車!

駅のホームは駅員さんで騒然。。

車内に閉じ込まれること数十分。

何が起こったのか!?車内もざわざわ。

そして、やはり

「人身事故」

7号車のみドアが開いたので、契約には何とか間に合いましたが、

予定に遅れるという事よりも、とてもやりきれない思いでした。

今日の朝、ある内容を見ていたからです。

飛び込み自殺が多い条件↓

①月曜日

②曇りの日

③前日の日曜日が快晴だった

まさに今日は、飛び込み自殺が多い条件の日でした。

自ら命を絶つという事=自殺

14年連続で3万人を超える自殺者。

生きることに絶望し、死にたいと思う気持ち。

思う気持ちはあってもなかなか実行するには至らないですが、

実行する人たちは、普通の精神状態ではないと思います。

そして、自殺者の3割が借金苦や生活苦を理由に自殺を

している現状。

私はこの仕事をしていて、数回、そのような現状を見ることが

ありました。

その時は、自分がもしかしたら、助けることができたかもしれない。

と悔やみ、立ち直れなくなったこともありました。

そこから、借金なんかで死ぬことはないんだ!と

借金やローン返済で悩む人たちのために微力ではありますが、

活動しています。

残された家族、友人、知人。

自殺って残された人たちを一番不幸にする死に方だと私は思っていました。

が、、一番は他殺だと思いました。

大阪・ミナミで起きた男女2人が無差別に殺害された事件。

本当にショックで、怒りがこみ上げてきます。

残されたご家族の気持ちを思うと本当にやり切れません。

その動機↓

「家も仕事もなく、所持金は20万円。生きていくためには、

どうしたらいいのか。自殺することもできず、人を殺せば死刑に

なると思った」

などと供述しているらしい。

20万もあるなら、なんとかなるだろ。

刑務所から出てきて不安なのはわかる。

どうしていいかわからなかったのかもしれない。

精神状態が正常ではなかったのかもしれない。

家もないから絶望したのかもしれない。

どんな同情材料を探したとしても、

これだけは言いたい。

他人を巻き込むな!

みんな、この不況の中、不安の中、必死で生きている。

自分の全く関係のない人を殺すなんて、

死刑以下です。

身勝手極まりない事件です。

今日は、死についてとても考えた日でした。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する