GKB47?


こんばんは

シナジー・マネージメント  高橋です。

昨日は、ドコモの通信障害で250万人に

影響が出たとのこと。

昨日は水曜日で、弊社は定休日。

私は仕事&自分メンテ(皮膚科、歯医者、クリーニング、ネイルetc)

t01800320_0180032011757128161
↑ネイル

をしていたのですが、携帯がauとiphoneの為、

全く障害にひっかかることもなく、今日の朝のニュースで

知りました。。みなさん大変でしたね。。

個人的には、ここ数カ月、肌荒れがすごくて、悩んでおりまして、

やっと皮膚科に行って治療ができて満足でした。

って、どうでもよい個人情報、すみません・・

 

さて、自殺者が14年連続3万人を超えています。

そんな中、政府が毎年3月に行う自殺対策強化月間の

キャッチフレーズが、

「あなたもGKB47宣言!」

に決まったそうです。

これ、内閣府自殺対策推進室が考え決定、

日本医師会や日本弁護士連合会といった約70の

協賛団体から了承を受けていて、異論はなかったと。。

強化月間の今年のテーマは、

「全員参加」

GKBは、

「ゲートキーパーベーシック」

の略だそうです。

ゲートキーパーペーシック?

ってなんですか?といった感じですが、

自殺対策では、悩んでいる人に気づいて声をかけ、

必要な支援につなげる存在を「ゲートキーパー」と

呼んでいるそうです。

そして、47は、

「47都道府県」を初め、国民に取り組みが広がることを

示したもの。だそうです。

とても、違和感がある。。

と私は感じます。

国民的アイドルグループの「AKB48」にからめているのは、

誰が見てもわかりますが、自殺問題はそんな明るい感じの

表現ではどうなのか。と思う。

私はこの仕事をしていて悩みを抱えたお客様に接する機会が多いです。

悩みのほとんどは、「住宅ローン問題」ですが、

「借金問題」も多い悩みです。

その他の悩みも人それぞれあり、とても深く、苦しく、

孤独で、どうにもできなくもがき苦しんでいます。

人に相談できていれば、まだ救いがありますが、

自殺まで追い込まれている方は、相談もできずにいるのだと思います。

私も過去に、死んだら楽になれるだろうか。

どうゆう死に方が良いだろうか。

と考えるほど、悩みを抱えた時がありました。

でも、死ぬ勇気もなく、ただ現実から逃げているだけでした。

私のように、自分の力で立ち直れればよいですが、

どんなに他人が声をかけても

本当に悩んでいる人は、通常の精神状態ではなく、

死を考えてしまうのだと思います。

そして、実行してしまう。

それを止めるにはじっくり、根本的なサポートが必要なので、

このような、キャッチフレーズには、とても違和感を感じます。

「全員参加というテーマにあわせ、広く国民に親身に訴えることが

できるということで決まった」との事ですが、

広くは伝わっても、深くは伝わらないのではないかと思う。

個人的には、借金苦で悩む人が自殺の選択をしないよう、

全力で取り組もうと思います。

とにかく、借金で死ぬことはない。

 

「借金ごときで死ぬな。どうせ死ぬなら、
もっと価値のあるものの為に死ね!」
(尊敬する、吉田猫次郎さんの言葉)


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する