しっかり読みましょう


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

 

先日、友人に対して褒めたメールを送ったところ、

褒められていないと勘違いした友人から、速攻で

怒りメールが着ました。

びっくりして、自分の送ったメールを確認すると、

確かに、見方によっては、褒めてない風にも感じとれる

文章でした。

すぐに友人に、「誤解です、こうゆう意味です。」

と釈明メールを送ったところ、

友人から、「自分の読解力がなかった、ごめんね。」と

和解メールが着ました。

私の文章力が無かったのか、友人の読解力が無かったのか。

どちらかは、甲乙つけがたいところですが、

文章って、しっかり読まないと誤解が生まれるなと思いました。

特にメールで済ましてしまう事が多い世の中。

しっかりと確認しないと、自分の中ではそんなつもりが無くても

相手は、自分の事を誤解してしまい、

関係まで悪化しかねないと思いました。

そんな事を思っていたところ、気になる記事を発見↓

t02200148_0696046811754999195

これ、すべての単語が間違っていますが、読めてしまうのです。

この資料は、最初と最後の文字さえ合っていれば

順番はめちゃくちゃでも読めるというもの。

ケンブリッジ大学の研究に基づいてつくられている文章です。

不思議と読めてしまいますよね~

ぱっと見て、理解してしまう。

でもよーく読むと違う。

メールや、書面もぱっと見た目で理解したら、

大変なことになることもあるということです。

「見る」のではなく、「読む」ということを心がけていきたいと

思いました。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する