延滞税は恐ろしい


house-48120_640

こんばんは

シナジー・マネージメント  高橋です。

世の中、知らなきゃいいことだらけだな。

と思う今日この頃。

でも、知らなきゃ損することも沢山ある。

知らないということはこわいですよね。

現実は厳しいが、現実をしっかりと受け止めて

いきたいものです。

さて、先日、税金の差し押さえの厳しさで有名(?)な

○市へ行ってまいりました。

○市の納税課へ行くと、思いっきり大きな張り紙で、

「差押 ○○○件!!」

とでかでかと書いてありました・・

そして、その下には、月ごとの件数が、細かく書かれていました・・

営業会社かっ!と思いましたが、いたるところに

納税者を追い込めるような張り紙が。

「差押をしなくてはならない」

「納期を守りましょう」

などなど。

県からの納税回収の表彰状?らしきものも

目立つところに貼ってありました。

職員の方もノルマがあるのでしょうか。

みなさん、こわく厳しい感じがしました。

税金は、延滞すると国は滞納者の財産を差し押さえてでも

回収しなくてはいけません。

不動産は財産ですので所有していると差押がされます。

差押といっても登記簿謄本に「差押」という登記がされるだけで、

差押と書かれた赤紙を貼られたり、、ということはありません。

ただ、差押が物件につくと不動産の売却時に差押登記が

抹消されないと売却ができません。

任意売却のご相談では、税金の差押のついている物件も

多くあります。

私たちは、抵当権者同様、税金で差押をしている税務署や市町村

へも交渉へ行きます。

どうしても、お金に困るとローンや生活費を優先してしまうため、

税金は後回しになりがち。

ただ、実は税金は一番優先にしないと大変なことになります。

先日も差押の入っている物件の差押解除の交渉に行きましたが、

本税が、600万円程なのに対し、

延滞税が、なんと900万円・・(  ゚ ▽ ゚ 😉

合わせて1500万円に膨れ上がっていました。

そして、日に日に14.6%の延滞税が膨らんでいく一方。

本税が完済されて初めて延滞税が増えるのが止まるのです。

知らない間に、金額が増えていくのです。

ためてしまうと元に戻せなくなってしまう税金。

できるだけ、納期通りに計画的に納税しましょう!

が、、どうしても無理。という場合は分納の相談など、

市町村の相談窓口はありますので、

早めの相談をお勧めします。

そして、物件の差押が入ってしまい、売却が無理だ・・

とあきらめず、まず弊社へご相談ください!!

他社で断られてしまった方でも、大丈夫。

交渉次第では、任意売却できたり、物件が維持できたりします。

まずは、悩まずご相談くださいね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する