ブラックリスト


おはようございます

シナジー・マネージメント  高橋です。

t02200391_0480085411665927079
↑ピンクのポインセチアを見つけました。

ピンクは珍しいみたいで、ピンク好きの私はついつい

見とれてしまい、2つ購入しました。

お世話になっている会社さんに差し上げたら

とても喜んでいただき、入口に飾ってくれました。

さて、さわやかな話題から一転、

今日は、ブラックリストについてのお話です。

世間で言われる「ブラックリスト」、実は

ブラックリストという名前のものって存在しないのです。

ブラックリストと言われるものは、皆さんが勝手にそのように

呼んでいるだけなのです。(結構皆さん知らないんですよね)

皆さんがブラックリストと呼んでいるものは、

正確には、ローンやクレジットを組んだり、お金を借りた後に

契約不履行や長期延滞、法的整理などをした際に

「事故」となり、それが金融機関の加盟している

信用情報機関に「事故」として登録されることを

ブラックになる、ブラックリストに載ると言われています。

そして、事故情報が載ったからと言って、

社会的制裁を受けるわけではなく、公表されるわけでもありません。

ただ、悪質な債務者を排除し、金融業者の損失を防いだり、

過剰貸付を防止し、多重債務者を増やさないことに役立てられています。

そのため、事故情報が信用機関に載ると、新たにローンが組めなかったり

クレジットカードが作れなくなったりします。

が、、自分がブラックかは、信用機関に登録している金融業者以外

見ることは出来ませんし、見るとしても本人の同意がないと

見る事はできません。

主な信用機関として、下記があります。

【銀行系の信用機関】

全国銀行信用情報センター

03-3214-5020

【クレジット・信販系】

株式会社シー・アイ・シー

0120-810-414

【消費者金融系】

株式会社日本信用情報機構(旧シーシービー・テラネット)

0120-441-481

こちらに行けば本人であれば、自分の信用情報がもらえます。

(有料ですが)

郵送でも対応してくれるところもあります。

事故情報は、一生登録され、一生ローンを組めないと

いうわけではなく、

自己破産、個人民事再生であれば、10年位

長期延滞等であれば、5年から7年位で事故情報は

消えるといわれています。

それ以降、ローンが組めるか否かは各金融機関の

審査基準があるので、なんとも言えませんが、

実際、昔ブラックでもローンを組めている方はいらっしゃいます。

そして、あくまで個人の情報なので、

親や子供に影響が及ぶことはありませんので、

例えば親がブラックでも子供はローンが組めたり、

カードが作れたりします。

任意売却する上でも、住宅ローンが支払えなくなり、

銀行から一括返済の請求が来た時点で、「事故」になります。

知らない方も多いですが、任意売却のデメリットでもあります。

何が言いたいかというと、

カードローンや消費者金融で借りて

住宅ローンの支払に充てている方を沢山見てきました。

その方々の中に、 「ブラックになりたくない」

という方が多いのです。

でも、結局自転車操業で維持しているだけなのです。

で、結局詰まり、自己破産に追い込まれる方もいます。

ブラックになる=恐ろしいこと

のように考えられていますが、

ブラックになっても恐ろしいことがおこるわけではないのです。

それよりも、悪循環に陥り、借金に追われた生活をしている方が

恐ろしく、辛いのではないかと私は思います。

もちろん、信用情報は綺麗なほうが良いに決まってますし、

借りたものはきっちり返さなくてはいけません。

まず、無理なローンは組まないこと。

自分の状況を把握すること。

が大切だと思います。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する