山本五十六


film-158937_640

おはようございます

シナジー・マネージメント  高橋です。

先日、映画

「聯合艦隊司令長官 山本五十六」

を見に行きました。

公開されてからずっと見に行きたかった映画。

前評判は賛否両論でしたが、

私はとてもすばらしい映画だと思いました。

まず、山本五十六を演じた役所広司が良かったです。

山本五十六がどのような人物でどのように生きたか。

あまり詳しくは知りませんでしたが、

この映画は、戦争映画の悲惨な戦闘シーンはあまりなく、

山本五十六の人物をじっくり、描かれていて、

すごく引き込まれました。

そして、映画の中の山本五十六の言葉。

「物事を自分の眼、耳と心で広く見てみなさい」

あまり、感情を出さず、言葉少ないですが、

ひとつひとつの言葉が重く、的確なのも印象的でした。

戦争映画は、できる限り、見るようにしています。

そして、どんな戦争映画を見ても思う事。

戦争で亡くなった人たちがいたからこそ、

今があり、私が生きている。

戦争時代の事を思えば、とても幸せな世の中です。

でも、殺人がおきたり、自ら命を絶つ人もいる。

戦死した人が今の日本や世界を見たらどう思うのだろう。

命をかけて国を守ってきた人たちに恥じない生き方をしたいと思う。

山本五十六、とてもおススメの映画です。

 

 

今日も1日頑張ろう。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する