兄と再会


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

私、1つ年上の兄がいまして・・

ただ、10年位会ってもなく、連絡もとらず

といった状態でした。

私は、東京出身で高級住宅地で育ちました。

出身地を言うと「すごいですねー、お嬢様ですか?」と言われたりします。

確かにまわりの子はお金持ちが多かったように思います。

ただ、なにを貧しいというかはわかりませんが、

本当に貧乏でした。

家は、○○荘でしたし、ボロボロアパートでネズミが出るのは当たり前、

トラックが通ると地震のように家が揺れました。

部屋は6畳、4.5畳の和室の続き間に家族3人。

もちろん自分の部屋はなく、勉強机以外のスペースは

布団一枚分のスペースでした。。

そんな環境で過ごした兄妹は、とっても仲が悪く、

最悪でした。仲が悪いというか、本当に嫌いでした。

一刻も早く大人になり、家を出たいと思う毎日でした。

そして、18歳位の時から一人暮らしをしています。

大学生の時は、学校以外はバイトばかりしていました。

一人でいることが本当に幸せで、バイトもやったらやっただけ

お金が稼げて本当に楽しかったのを覚えています。

私が働く事が苦ではなく、仕事が大好きな原点が

ここにあるのではないかと思います。

ただ、この仕事をしていて、家族がバラバラになってしまって苦しんでいる方や、

どんなに苦しくても家族団結で頑張っている方と接していて、

家族の大切さを感じる毎日でした。

そして、いつも「一番大切なのは家族です」と言っているにも関わらず

自分自身はどうなんだろう・・と思いました。

そして、勇気を振り絞って兄に電話をして、会うことになったのです。

私にとってはとってもすごい決断でした。

会う前は本当にドキドキしましたが、

会ってみると昔と違って優しくて何でも話ができました。

色々なわだかまりがとれたような気がしました。

なんで、もっと早くに会わなかったのだろう。と思いましたが、

時が解決してくれるものってあるのでしょうね。

やっと今会えるようになった事が嬉しかったです。

そして、小学生の低学年のときに通っていた学童クラブの

先生にも再会しました。

なぜか、涙がでました。

t02200293_0600080010998091257
兄 & 先生 & 私

やっぱり、兄妹。顔が似てるなー・・とまじまじと

見てしまいました。写真だとそうでもないですが、実物似てます。

同じ環境で育った兄妹。

同じ苦しみがわかる唯一の存在です。

長い空白でしたが、これからは家族を大切にしていきたいと思います。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する