仕事の喜び


おはようございます。(-^□^-)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200165_0800060012973012826

先日、不動産業者の会「手羽先会」のメンバーで焼肉に行きました。

t02200293_0720096012973012827

すごいボリューミーな肉・肉・肉。

食べ過ぎて、次の日は胃が・・・ もう肉が食べれないお年頃になってきました。

でもとても美味しかったです。たまにはいいですね、肉。

さて、最近、改めて思ったことがあります。

それは、

私は、何よりも仕事が好きだ。

ということです。

なんでこんなに仕事が好きなんだろう。。

と涙が出そうになることもあります(笑)

そんな時、ふと思い出したことがあります。

まったく裕福とは言えない家庭で育った私。

実家は「○○荘」。

物心ついたときから貧乏が嫌で嫌で、特に家にはコンプレックスが

あり、自分の家を誰にも言えないほどでした。

そんなこともあり、家に関わる仕事に就いた私。

就職した会社は、風呂なし物件などの安いアパートを扱う不動産会社でした。

もちろん、そのほとんどが、

○○荘。

ずーっと○○荘。という物件名にコンプレックスがあったのですが、

こんなに沢山ある○○荘たち。

そして、風呂が無いし、共同トイレ、実家より狭い、汚い・・・。

家賃は2万から3万円前後。

でもそんな風呂なし物件を求めて、地方から若者が来店するのです。

夢と希望を持って上京してくる若者たち。

私は自分がいかに甘い人間だったかを痛感したのです。

今でも鮮明に覚えているのが、

中国から来た留学生。

留学生は大家さんから入居を断られてしまうことが多いのですが、

その留学生を前に大家さんに電話をかけまくり、断られても断られても

かけまくり、最後には声が出なくなるほど電話をしました。

そして、やっと入居OKと言ってくれた大家さんがいて、

お客様と泣いて喜びました。

あの時は本当に嬉しかったです。

アルバイトをしながら必死に勉強しようしている留学生。

部屋は4.5畳の風呂なしトイレ共同物件。

こんなに頑張っている若者を「なんとかしなくては!」という思いが、

私の原動力となり、やる気が本気に変わっていきました。

人に必要とされている。

ということが自分自身の喜びだということに気づいたのです。

その思いは仕事でしか味わえない喜びです。

だから、私は仕事が大好きです。

今日も大好きな仕事ができることに感謝して。。

午後からは大阪へ飛びます!!

皆様のお役に立てるよう、頑張ります。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する