頑張ると我慢するは違う


gw_text

おはようございます

シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は、ゴールデンウィークの中の貴重な平日。

役所や法務局、裁判所などやることを終わらせないと

いけないので走り回りますよー

さて、先日、米国NewsWeekの記事を読んで、ハッとさせられました。

日本人の「頑張って下さい」は「我慢して下さい」

という意味である。

というものです。

違うでしょと思いましたが、そうゆう意味も含まれているのでは

ないかと・・

だから、「頑張って下さい」って言うのはなんか残酷な気がします。

元々私は、

・頑張ります

・頑張って下さい

という言葉はあまり好きではなく、使わないようにしてきました。

・頑張ります = 頑張るのは当たり前

・頑張って下さい = 無責任

と思ってしまうためです。

「頑張ろう」とか「頑張りましょう」は一緒に進むって感じがするので、

最近は言ったりします。

言葉って難しい。

人によっては励まされても、人によっては傷ついてしまう。

頑張って下さい、元気出してください。

こんなときに頑張れない、元気なんかでるわけない。

でも、本当になんて声をかけてよいかわからない。

そんなとき、無責任かもしれないけど、心の底から思っているんです。

なんて言ったらいいのでしょうか。

色々考えたけど、

頑張って下さいは、我慢して下さい。ではないと思う。

我慢することも頑張ることだけど。

そんな事を考えていたら、ある方に教えていただきました。

「嫌なことを一生懸命我慢すること」が「頑張る」

事だと思われるが、

「頑張る」とは

「最良の結果に向けて尽力すること」

であって、我慢とは別物である。

日々、最良の結果に向けて尽力していこう。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する