貸し手側の責任


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

雨の月末、はりきってまいりましょう

さて、先日、埼玉方面へ行きました。

アポまで2時間程、時間が空いてしまったので、

駅に着いたらお茶でも飲もうと思ったら、、

駅前にはなーんにもお店がありませんでした( ̄□ ̄;)

t02200293_0800106711080392132
↑駅前です・・

仕方なく、お腹もすいていませんでしたが、

唯一あった焼肉屋に入り、ドリンクのみで2時間ねばりました。。

我ながらすごいと思いました。。

周りはみんな家族連れで焼肉を食べていましたが、

一人スーツでドリンクのみ。。 歳をとるとずうずうしさも増すのですね。

さて、先日のお客様。

親子の連帯債務で住宅ローンを13年前に組み、支払いが厳しいとの事。

それもそのはず、、

現在、親は91歳。 子は65歳

ローンを組んだときは、親が78歳。子は52歳

もちろん現在は、年金収入のみで、親は高齢で介護が必要。

子も年金収入のみで月の収入は15万程度。

ローンの支払は月額約15万。

今まで何とか支払を続けてきたが、限界がきて、今後の事を考えても

難しい。

そりゃそうです!!

完済時の年齢は、

親 113歳。

子 87歳。

支払えると思いますか?

金利は4%です。

このような年齢なのは、私も初めてでびっくりしました。

信じられませんが、現実です。

当時、ダメもとで相談へ行ったら、銀行に

今なら借りれます。と言われたそうです。

今後の事を考え、躊躇すると、

今しかないんですよ!!と言われ、契約したそうです。

ローンが組めれば、今後の事は何とかなってしまうと考えてしまうのも

責任がありますが、

あきらかに支払えなくなるというのが解っていると思います。

借り手側の責任は、もちろんですが、

今回のケースは、

貸し手側にも責任があるのではないでしょうか??

破綻するのは誰もが想像がつくと思います。

その時の状態だけではなく、35年という長い期間を見据えて

貸し手側もアドバイスをして欲しいと強く思います。

まぁ、このような無謀なローンは現在は組めないと思いますので、

大丈夫かと思いますが。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する