決算書を読み解く力をつける!


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

今日から、四国へ出張です。今年初の出張。

今年も沢山出張することでしょう。

必要であればどこでも駆けつけたいと思います!

 

一日一回は飲んでいるであろう、大好物のドトールの「豆乳ラテ」。

これを飲むと落ち着きます。そして、やる気を投入できます。

なので、私は、「豆乳ラテ」ではなく、「投入ラテ」と呼んでいます。

さて、昨日は、事業再生コンサル会社のNEKO-KEN

決算書勉強会

でした。

苦手な決算書を勉強するため、参加しました。

昔から、数字が大の苦手な私。。

このお正月で実家に帰った時に、幼稚園の時の連絡帳が出てきたのですが、

幼稚園の時から数字が苦手だったようで、、、

「ここまで数字ができないと将来が心配です」

と母が書いていました。。はい、数字、算数、数学が大の苦手です。

でも、高校は商業科(偏差値が足りずに普通科に行けなかっただけですが、、)

だったので、簿記2級を持っているため、なんとなく勘定科目には馴染みがあり、

経営者をやっている時もなんとなくわかった「ふり」をしていました。

大体のことはわかりますが、、、

ハッキリ言って、決算書読めません。正しくは、読み解けません。

経営者さんからの相談も多くなってきた今、

決算書くらいは、見てぱっとわかるようにならなくてはなりません。。。

今回の勉強会は、みっちり5時間半。

いつもと違い、講師の吉田猫次郎先生もスパルタぎみ。。

B/S,P/Lの見方はもちろん、総資本回転率やROAの計算方法、

粉飾の見破り方など、基本から応用までみっちり勉強しました。

苦手意識が強い分野なので、脳みそフル活動、、とても疲れましたが、

今までの苦手意識が無くなり、少し決算書を見るのが楽しくなりました。

でも、、、これまで経営者としてやってきて、自分の会社の決算書を

税理士さん任せにして、改善しようとか、売り上げをどうしようとか、

考えて来なかった自分を猛烈に反省しました。

決算書は、会社の設計図。

会社経営は、「事業」と「財務」の2面性。

いくら素晴らしい「事業」を営んでいても、「財務」が悪いと、

銀行は正当な評価をしてくれず、信用格付けが落ちてしまう。

融資もしてもらえなくなるし、利息も上げられてしまう。

いや、銀行に限らず、あらゆる資金調達コストが上昇、

かつ不安定化してしまう。

大企業との商取引でも信用されない。

よって、経営者は、「事業」のみならず、「財務」も良くしていなかければならない。

自己防衛のためにも、資金調達のためにも。

と吉田猫次郎先生は言います。

その通りですね。

決算書の読めない経営者は沢山いると言いますが、

税理士任せではなく、自分の会社の設計図は自分で読み解く力をつけなくては、

会社の発展や安定は無いのだと思います。

私も、今後の参考にして、勉強してきたことは全て自分のものにして、

相談者さんにもアドバイスできるようにしたいと思いました。

今回の勉強会は即満席になってしまいましたが、

2月に同様の内容の勉強会をするようです。

是非、経営者の方は参加をおすすめします。

リンク貼っておきますね。→こちら

【住宅ローン問題支援ネット】無料相談会

を開催しております。

お気軽にお問合せください。

【予約番号&メールアドレス】

0120-447-472

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する