知的資産経営を学ぶ


こんにちは。(。-人-。)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

以前から気になって勉強したいと思っていた

「知的資産経営」

t02200295_0478064012954650201

今、金融機関さんも注目しているのです。

知的資産経営とはなにか?

企業の競争力の源泉としての、

人材

技術

技能

知的財産(特許・ブランド等)

組織力

顧客とのネットワーク

など、財務諸表には現れてこない資産を総称して

「知的資産」といいます。

また「強み(知的資産)」をしっかりと把握し、それを

「見える化」することで業績の向上に結び付けることを

「知的資産経営」といいます。

(中小企業基盤整備機構のパンフから引用)

確かに、決算書などの数字には現れないその会社の良さを

認識し、内部はもちろん、外部に伝えていくことは経営をする上で

とてもプラスになることだと思います。

その「強み」を改めて棚卸しをし、「見える化」すること。

この作業がとても重要です。

それが、

「知的資産経営報告書」と

「事業価値を高める経営レポート」

普段ここまで深く自社のことについて考えることがあるだろうか?

と思う程、掘り下げて「弱み」や「強み」を考え、まとめるいい機会です。

ですが、

中々自分のことだとわからなかったり、気づかなかったりすることも多いのが現状です。

その「知的資産経営」についてのプロフェッショナル集団の勉強会に

参加いたしました。

NPO法人 知的資産経営たから

書類作成のプロの行政書士さんや

財務諸表や経営改善のプロの中小企業診断士さんの集まりです。

やはり、プロのヒアリング力と分析力、そして書類作成力の威力は

凄まじいと感じました。

自分が「弱み」と思っていたことが、

実は「強み」だったりすることもある ようです。

私も、ご相談に来て下さるお客様に知的資産経営を活かした

ご提案ができるよう、勉強していきたいと思い、賛助会員という形で

毎月勉強会に参加させていただくことになりました。

しっかり勉強して、自分の強みの一つにしたいと思っています!!!

まずは、自社の「強み」を考えよ~


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する