携帯電話料金滞納で家が買えない?


t02200293_0768102412592591743

 

こんばんは。(´0ノ`*)

シナジー・マネージメント  高橋です。

昨日から遠方へ出張~

そして、先ほど帰りました。

ちょっとハードで疲れ気味だったので、

大好きな「木屋」の卵とじうどんを食べました。

 

ここの卵とじうどんを食べると元気が出ます☆

さて、今日の日経プラスで気になる記事を見つけました↓

以下抜粋

携帯電話代を滞納すると住宅ローンが組めなくなる恐れがある–。

内閣府がこんな注意を消費者に呼びかけている。

スマートフォン(スマホ)の普及に伴い従来の携帯電話に比べ高い通信料金

を滞納する若者が急増。

スマホ端末の代金を2年契約の分割払いにし、その期間の通信料を割り引く形

で端末代は「実質ゼロ円」とする契約を結んだ人も多いだろう。

これはクレジット契約にあたり、支払いが滞ると滞納情報が個人信用情報機関に登録される。

3ヶ月以上滞納した場合は、完済しても5年間はデータベースに情報が残る。

金融機関はこうした情報を共有するため、住宅ローンが組めなくなる可能性もあるという。

内閣府が懸念するのは端末の分割払いがローンであるとの認識が薄い契約者が多く、

個人信用情報の存在や仕組みもあまり知られていないことだ。

個人信用情報機関に登録されるということは、いわゆる

ブラックリスト

にのってしまうということ。

ブラックリストというリストは無いのですが、個人信用情報機関にのると

数年間は事故記録が載ってしまい、住宅ローンなどのローンを組むことが

困難になります。

携帯電話の料金、うっかり払い忘れた。

インターネットの料金、うっかり払い忘れた。

といううっかりミスで信用情報にキズがついてしまい、

必要な時にローンが組めない!!なんてことになってしまいます。

これから住宅ローンを組もうと思っている人は知っておいた方が良いですね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する