DTSS?


こんにちは

シナジー・マネージメント  高橋です。

私、こう見えて(どう見えているか不明ですが・・)

知らないことが多くて、専門用語を言われると、

頭が????となっているにも関わらず、

相手が当然知っているかのように話してくるので、

その場は知ったかぶりをして、流し、

あとで調べまくる。ということで今までなんとか

やってきている感があります汗(自虐ネタ)

その場でわからなくて、「それって、どうゆう意味ですか?」

と聞いたことが以前あったのですが、

そんなことも知らないの!???( ̄∇ ̄+)

と引かれたことがあり、それ以来言えなくなってしまいました。

そんな専門用語、バンバンだしてくるなよ!と言いたいですが、

知ってて当たり前の事もあるようです。

そして、一番困るのが、横文字系=英語?

英語が苦手なうえに、略語が多いように思うのですが・・・

お客様もたぶんわからないのに、聞き流していることが多いのでは

ないかと思い、少しでも解りやすく説明できるよう、

基本ですが、復習の意味で暗記をしてみました。

暗記って試験勉強みたいで、自分を追い込む感じが嫌いではありません。
(私ってMですね・・)

とりあえず、横文字系↓

IPO
M&A
EBITDA
LBO
MBO
CF
キャピタルゲイン
ターンアラウンド
デューデリジェンス
ADR
DDS
DES
DIPファイナンス
ノンリコースローン
RCC
リスケ
リストラクチャリング

これらの意味を全て暗記しました。

フフ・・ ザ・自己満足。

そんな自己満足していた昨日、不動産交流会の手羽先会

のタッキーさんとランチをしました。

そして、タッキーさんが謎の横文字を言いだしました↓

DTSS

なんだ??新語?と焦りましたが、

Direct Transfer Sales System

(新・中間省略登記(直接移転売買)の活用)

の略だそうです・・

はぁ。もう憶えられないよ。

なんで横文字&略語になるんだ・・

と思っていたら、これ、

タッキーさんが考えた新語( ̄∇ ̄+)

一般には出回っていないようです・・

でも、このDTSS、すごいシステムなのです。

今までの中間省略登記のシステムをクリーンにした、

画期的なやり方。

このやり方は、売主、仲介会社、買主すべてにおいて

メリットがあり、全てがクリーンになっているので、

任意売却でも債権者にメリットがあるやり方ではないか!!

と思いました。

任意売却では、債務超過のため、新・中間省略登記が

認められることはとても少ないのですが、

やり方によっては、とても有効的かつ、高い回収が得られる

こともあると思うのです。

このDTSSを任意売却業界で、広めてみよう。

また一つ、野望ができました。

DTSS、みなさん憶えておいた方がよいですよ~

では、3連休もお仕事がんばりまーす


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する