高齢で住宅ローンが払えない【シルバー返済特例①】


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

高齢による住宅ローン問題が深刻ですが、

住宅ローンが払えない・・・

でも住み続けたい・・・

どうすれば良いのか?

という相談がとても多いです。

払えない=自己破産、競売

ではなく、任意売却をして住み替える。

という方法もありますが、

「住み続けたい」

というご希望がとても多いです。

その場合、

☑親族間で組み替える

☑任意売却をしてセール&リースバック

☑残債が少ない場合はリバースモーゲージ

など解決方法はありますが、

中々、それぞれメリットもあれば、デメリットもあります。

また、何とか、自分の力で払い続けて、住み続けたい。

というのができるのが一番良いと考える方にご提案したいのは、

住宅金融支援機構の「シルバー返済特例」です↓

 

住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の住宅ローンを組んでいる方で、

返済が困難となった人に利息払いのみのローン返済で、自宅を所有できる特例です。

元金は減りませんが、元金はご本人が亡くなった時に自宅を売却をして、一括返済するというもの。

そして、売却によって残債が残ったとしても相続人に請求されないのです。

 

この「シルバー返済特例」の申込み可能な方は下記の通りです。

(住宅金融支援機構の案内から抜粋)

1.制度ご利用時点で満70歳以上であること。

2.現に融資住宅に居住し、今後も居住を継続する予定であること。

3.ご返済を開始してから20年以上経過していること。

4.現在遅れなくご返済いただいていること。

5.土地と建物に機構の抵当権が設定されていること。

6.以下の収入基準のいずれかを満たす方。

(1)年収が機構への年間総返済額の4倍以下

(2)月収が世帯人数×64,000円以下

(3)住宅ローン(機構に加え、民間等の住宅ローンを含む。)

の年間総返済額の年収に対する割合が、年収に応じて下表の率を超える方で、収入減少割合が20%以上

 

 

上記、申込み基準に該当していても、

☑機構によるカウンセリングの結果、返済の継続が見込めないと判断した場合や、他に返済に充てられる資産があることが判明した場合。

☑家計収支をヒアリングし、返済が困難な理由が浪費であることが判明した場合。

は審査が通らない理由となるようです。

当てはまる人には、利息払いだけで、住み続けることが可能となり、

死亡時に売却し、一括返済ですが、もし残債が残っても

相続人に迷惑が掛からないという点はメリットがありそうです。

 

リバースモーゲージと似ていますが、

リバースモーゲージは担保評価が低く、住宅ローン残高が残っているとほとんど利用できないことが多いので、

リバースモーゲージに該当しない、という方は、こちらを検討してみてはいかがでしょうか。

では、具体的に手続きはどうするのでしょうか?

長くなりましたので、でご説明します。

 

 

【9月の土日祝日無料相談会】

9月17日(日)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

9月23日(土)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

9月24日(日)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

9月30日(土)  10:00~

         12:00~

         14:00~

         16:00~

         18:00~

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp

5月3日・7月17日に放送終了しました↓

ラジオNIKKEI

「小島・鈴木のダイバーシティ・プラットホーム」

オンデマンド で視聴できます。

 

コーナー「高橋愛子の不動産なんでも相談室」

で不動産に関するお悩みを受け付けております。

番組ホームページより、お問合せください。

 

                 

ダイバーシティ・プラットホームTV(YouTube)

「高橋愛子の住宅ローン問題AtoZ」

 

#1

#2

人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する