投資ワンルームマンションが競売になってしまった


 

こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

先日、仕事で根津の近くに行ったので、根津神社に寄ってみました。

今、つづじ祭りをやっている根津神社。

平日なのに人が多かったです。

↑写真右手・・丸い光が・・・

 

つつじはまだ咲いておらず、残念でした。

ちょうどゴールデンウィーク後半が見ごろのようです。

さて、お客様からのご相談、

「投資で買ったワンルームマンションの返済ができなくなり、

競売開始決定通知がきた。。どうすれば良いでしょうか?」

とのこと。

2件の新築ワンルームマンションを購入。

どちらも金融機関は某地方銀行。金利は、3.9%。

賃料でローンは支払える。

将来の年金代わりになる。

何かあった時に生命保険が出る。

など、メリットばかりを聞いて、何が何だかわからないけど、

損をしないで、マンションオーナーになれるならいいか、

と軽い気持ちで契約をしたと言います。

管理費と固定資産税があるので、初年度から少し赤字ぎみでしたが、

支払える範囲。でも数年後、賃料が下がり、マイナスが広がり、

自身の経済状況の悪化も重なり、その銀行のカードローンに手を出すように。。

そこからはあっという間に毎月の赤字が膨らみ、

もう手の付けられない状況で、放っておいてしまった。。

オーバーローンで売りたくても売れない。。

ということです。

競売になってしまうと、任意売却をするか、個人版民事再生をするか、

など債務を圧縮していくことが良いと思いますが、

投資物件の場合は、任意売却してからの、

残債務の整理の仕方を気を付けなくてはなりません。

なぜなら、投資物件を買える(融資が受けれる)人というのは、

一般的に経済状況が良好な人です。

自宅もあり、定収入がある人。

投資不動産で失敗して競売や任意売却で債務の返済ができても、

残った債務に関してどうするのか?ということが重要です。

債権者は、全部回収したいので、督促や催促、差押をしてきます。

自宅や給与などが対象になるでしょう。

投資のつもりが、破綻に追い込まれ、自宅も失う。。会社にもわかってしまう。。

なんてことになってしまいます。

ただ、現状を元に戻すことはできません。

今の状況からいかにより良き方法で解決していくか。

とういうことが大切です。

全てを守るのは難しいかもしれませんし、

負担も少なくないかもしれません。

でも、全てを失うということは無いと思います。

投資に失敗した。

ということは高い勉強代と思うにはやりきれないですが、

投資というのはリスクがつきものです。

失敗は成功のもと。

次は絶対に手を出さないのですから、今の段階で解決できれば、

それで良しとすれば良いのです。

目を背けたくなることですが、現実から逃げずに

一緒に頑張りましょう。

最悪な状況を回避するためのアドバイスをさせていただきます。

また、これから投資物件を買おうとしている方のアドバイスも行っています。

投資破綻にならないために、セカンドオピニオンとして参考にしてください。

投資物件のご相談 お気軽にお問合せください。

 

 

【住宅ローン問題支援ネット 無料相談会】

ご予約はこちらまで↓お気軽にお問合せください。

 

【ゴールデンウィーク無料相談会予約状況↓】

5月3日(水)

お休みをいただきます。

5月4日(木)

予約終了。

5月5日(金)

10:00~

12:00~

14:00~

16:00~

18:00~

5月6日(土)

10:00~

12:00~

14:00~

16:00~

18:00~

5月7日(日)

10:00~

12:00~

14:00~

16:00~

18:00~

【予約番号&メールアドレス】
0120-447-472

takahashi@shiennet.or.jp

5月3日放送予定 18:00~19:00

ラジオNIKKEI

「小島・鈴木のダイバーシティ・プラットホーム」

 

コーナー「高橋愛子の不動産なんでも相談室」

で不動産に関するお悩みを受け付けております。

番組ホームページより、お問合せください。

 

 


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する