【競売】強制執行で追い出される!?


競売というと

「強制執行で、無理やり追い出される!」

と思っている方も多いかと思います。

任意売却を専門としている不動産会社さんも

「競売だと安く買いたたかれて、強制的に追い出されるので、

任意売却が絶対にお得!」

と言われているところも多いです。

もちろん、競売より任意売却の方がメリットがあるのは事実ですが、

必ずしもそうとも限りません。

また、

競売=強制執行で追い出される

というのもちょっと違います。

競売の開始決定通知が来てから、

入札、落札まで、約6ヶ月位の時間があります。

もちろん、その間に退去しても良いですし、しなくても強制執行で追い出されることはありません。

問題は落札後です。

落札後に落札した人が来て、「出て行ってください」と言われても、

完全に無視したり、応じなかったりすると、

落札した人は、裁判所に

「この人、出ていかないので強制執行で追い出したいので、

手続きをお願いします!」

と強制執行の手続きをします。

それも、その申し出をしてから、即日、強制執行されるわけではなく、

落札した人がお金を払い込むのも落札から約1ヶ月以内かかり、

その後、申請するわけです。

引渡命令申請

引渡命令の決定

引渡命令の確定

執行文付与申請

送達証明

と色々と手続きを踏んでやっと、

執行申立ができるのです。

そこから、

予納金納付

執行官との面談

催告をしに現地に執行官が行く

強制執行断行

となるわけですが、

ここまでくるのに約2ヶ月位かかります。

手続きが遅れたらそれ以上かかります。

そのため、競売開始決定から強制執行までは、

約1年くらいかかるわけです。

その間に、自ら退去する人がほとんどで、

強制執行の件数というのは全体の競売落札件数からみたら、

本当に少ないのが現状です。

つまり、自ら退去するタイミングがたくさんあるのです。

・競売中は住宅ローンを払っていないので、引っ越し代がたまり引っ越す人。

・競売で落札した人と引っ越し代の交渉をして、退去する人。

・競売で落札した人が引っ越し代をくれないけど要らないもの全部おいて出て行った人。

・強制執行の催告が来てもうそろそろやばいなと思い出て行った人。

・強制執行断行の前日に出て行った人。

などなど。

知らないから怖いだけで、裁判所がやることに怖いことはありません。

ただ、精神的に耐えられるか、という問題はありますが、

競売が終わるまでは、住んでいられるという点では、

競売のメリットと考えてもよいと思います。

どうしても事情があって退去できない人もたくさんいます。

できる限り、事情をわかったうえで進められる任意売却をおすすめしますが、

人それぞれの事情に合わせて進めていけばよいと思います。

法治国家の日本です。

借りたお金が返せなくなってしまったことは悪いことかもしれませんが、

犯罪ではありません。もちろん人をだますようなことは犯罪ですが、

「払わない」のではなく、「払えない」状況であれば、法律が守ってくれます。

強制執行だっていきなり来るわけではありません。

順を追ってやってきます。

目をそむけたくなる現実ですが、正しい知識を持っていれば怖くありません。

恐怖を煽る情報に惑わされることなく、理性を持って、

選択して進んでいってほしいと思います。

まずは、現状と今後どうなるか?

という把握をすることが大切です。

そして、そこからどうしたらよいか?

はアドバイスさせていただきます。

ご相談はお気軽にお電話もしくはメールでお問い合わせください。

住宅ローン問題支援ネット 無料相談連絡先

0120-447-472


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する