【競売】特別売却って?


こんばんは。(´_`。)

住宅ロ-ン問題支援ネット  の高橋愛子です。

今日で仕事納めという方も多いのではないでしょうか。

私は朝から決済や賃貸物件の契約、お客様宅のお掃除の手伝い、

忘年会・・・など本当に分刻みのスケジュ-ルでした。

明日からは少しだけ、ゆっくり仕事ができます。

年末まであと数日、悔いの残らないよう、頑張ります。

t02200295_0478064013171500463

写真は、先日ランチで食べた鴨ラ-メン。

美味すぎました。1,000円なり。

さて、お客様からのご質問↓

「競売になって売れないってことってあるんですか?」

はい、もちろんあります。

ですが、、都心部などではほとんどないのが現状です。

売れないということは、何かしら問題があるということです。

その問題があるので、競売の評価額が低いわけで。

低ければ入札する人はいるのです。

売れない不動産は無いと言いますが、

安くすれば売れることがほとんどです。

でも、地方や本当に条件の悪い物件などは、

競売で誰も入札しない。

ことがあります。

競売の開札結果の欄に

「不売」

と出るわけです。

そうなると次に行われるのが、

「特別売却」

です。

特別売却とは、競売で誰も落札しなかった物件を特別売却期間に

一番早く、最低売却可能価格以上で、入札した人が落札できることです。

つまり、

早い者勝ち。

ということです。

普通の競売は、売却基準価格を目安として、いくらで入札するかを

試行錯誤し、オ-クション形式で行われ、開札日に一番高値で

入札した人に買受ける権利が得られるものですが、

特別売却は、早い者勝ち。

誰よりも早く行って入札してしまえば、あとから来た人が

高い金額で入札しようが、先に入札した人に権利があるのです。

そのため、最低売却可能価格で、入札初日の入札開始時間に

落札されることがほとんどで、初日に落札がなければ、

特別売却でも不売となるケ-スが多いのです。

特別売却でも落札者がいなければ、

再度評価をし直して、2度目の競売の手続きが開始されますが、

評価をし直す時間がかかるので、数ヶ月後となります。

競売で誰も入札をしない物件というのは、

何かしらマイナス点があります。

・評価額が高すぎる

・物件に瑕疵がある

・占有者に問題がる

などなど。リスクがあるから誰も手を出せないわけです。

競売で売れない物件でも任意売却であれば、

うまく売れることもあります。

競売でも売れないかもしれない。。という方もご相談くださいね。

*****************************************************

私高橋愛子が担当させていただきます【無料相談会】

予約状況↓

12月27日(土) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

12月28日(日) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

12月29日(月) 10:00~

          12:00~

          14:00~

          16:00~

          

※平日も、もちろん受け付けております。

t02200330_0800120013163279420-2

場所は、銀座のコンサルティングル-ム となります。

中央区銀座3-11-16 G3銀座ビル5階

地下鉄「銀座」駅徒歩5分

都営浅草線「東銀座」駅徒歩1分

日比谷線「東銀座」駅徒歩3分

お申込みはこちらのフォ-ム から

お電話でのお申し込みは、0120-447-472 まで。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する