【離婚問題】妻が家に居座って売却できない


こんにちは。

住宅ローン問題支援ネット の高橋愛子です。

昨年は、離婚による住宅ローン問題の本を出版したので、

離婚問題の相談がとても多かったです。

年明け早々からも離婚による住宅ローン問題の相談の予約が

入っていますが、とにかく相談内容は十人十色。

人の数ほど悩みはあると思いますが、

夫婦の悩みはそれぞれの感情が絡み合い、

とても深く、簡単には解決できません。

そこにお金の問題が絡むと、さらに根深くなります。

その中で多いのが、離婚することは決まりつつあるが、

家の問題が残ってしまうということです。

家の問題と言ってもたくさんあります。

・どちらかが住み続ける

・どちらかがローンを払い続ける

・売却して精算する

・どちらかの名義に変更する、借換えする

その中でも多いのが、

「妻(もしくは夫)が家に居座って、

売却ができない」

ということです。

その間も、住宅ローンは発生しており、経済的に苦しいので、

売却したい。でも、家に住み続けていて、連絡も取れず、、

どうしてよいかわからない。。ということです。

最悪のケースとしては、そのまま居座り続けてしまい、

売るに売れず、でもローンも支払えず、結局競売に・・・。

住宅ローンの債務者である夫は、ブラックリスト&借金が残ってしまう。

住み続けている妻は、競売で追い出されることになり、引越代も自腹。

ということになってしまいます。

こういった問題はとても多く、その度に私は、双方の言い分を十分に

聴いて、何が一番ベストか?ということを考えます。

この本↓のテーマでもある、

 

感情

を取るのか、

理性

を取るのか。

通常に考えたら、理性を取って合理的に解決した方が良いと思いますが、

感情を取ることも時には必要だったりします。

正解は無いと思っています。

でも、お互いの感情だけで、良くない方向に進むのであれば、

少し冷静に考えて、今後の人生の再スタートを前向きにできるような

ご提案をしています。

本当は、感情も満たされて、経済的にも納得できて。。なんて解決が一番なんですけどね。。

そうもいかず。

こういった相談は、どこに相談してよいか、わからないと思います。

とにかく、一度ご相談下さい。

 
 

【住宅ローン問題支援ネット】無料相談会

を開催しております。

お気軽にお問合せください。

【予約番号&メールアドレス】

0120-447-472

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する