任意売却のデメリット


おはようございます。

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

デスクを整理していると、、、昔のチラシが出てきました↓

t02200159_0640046213492688743

若いし、何か軽い・・・

こんな人に相談したいと思うのだろうか?

と客観的に思います。。

このころは、まだ20代だったと思いますが、必死で

「どうしたら私に相談をしてくれるのだろうか?」

ということを常に考えていました。

やっぱり、経験豊富な年配の男性の方が相談したいんだろうな、

私のような小娘になんか、借金や家の悩みなんて相談したくないよね・・

と自分なりに感じていました。

だから、必死で勉強し、仕事をしました。経験や知識では負けないようにしようと思いました。

で、今。結構貫禄がついてきたなぁ。と感じます笑

実年齢より、多少老けて見えるのか、若いとは言われなくなりました。

やっと最近、仕事がしやすいと感じます。

さて、そんな私。

昔から、任意売却のデメリットやリスクをしっかりと説明しています。

☆任意売却というと競売よりもメリットがある。

☆任意売却はよいことばかり。

という広告が多いのですが、

メリットばかりではありません。

時と場合、お客様のご事情によっては、

競売の方がメリットがある場合もあるのです。

そこは、自分の利益にならなくとも、しっかりと説明させていただきます。

では、任意売却のデメリットってなんでしょうか?

大きく言うと、私が思うには、

2大デメリットがあります。

まず、第一

●債務が残る

任意売却だろうが、競売だろうが、債務は残ります。

(全額返済できる金額で売却できた場合を除く)

そして、その債務の返済方法については、

任意売却する時点では、未確定なことが多く、

どうやって返していくのか?法的整理をするのか?

など未確定要素が不安です。

第2は、

●信用情報にキズがつく

つまり、ブラックリストにのります。

ブラックリストというリストは存在しないのですが、

個人情報信用機関に金融事故記録が掲載され、

ある一定の期間、ローンが組めなかったり、クレジットカードが作れなかったり、

金融系のブラックになってしまうということです。

そのため、そのデメリットがどうしても受け入れられない、

無理!という方は任意売却しないほうがよいです。

つまり、借金が残り、支払っていけない、法的整理も嫌だ、

ブラックリストなんてとんでもない!だったら払っていくよ、

という方は、任意売却なんてしないで、住宅ローンを支払っていくか、

マイナス分を全額返済して売却をすれば解決なのです。

余談ですが、

「とにかく、長く住みたい!」

と言う方は、任意売却よりも競売で進んだ方が長く住めることもあります。

ただし、住宅ローンが払えない!という状況になっている場合は、

任意売却にメリットが多いのは確かです。

デメリット、メリット、総合的に考えて、

解決に向けて、進むべきだと思います。

決めたら、前を向いて進みましょう。

そんな、サポートをさせていただければと思っております。

任意売却のデメリット・メリット、競売のデメリット・メリット

詳しくご説明いたします。

ご相談はお気軽にいらしてくださいね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する