物件査定の重要性1


こんにちは。(°∀°)b

住宅ロ-ン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200190_0640055213200285549

お誕生日ということで、ケ-キをいただきました。

有名なパテシエのケ-キなのだそう。。とても美味しかったです。

ありがとうございます。

さて、不動産は査定というものがとても重要だと思います。

その人それぞれで、高い、安いと感じる違いはありますが、

そこには大幅な開きはなく、基本的には「相場」というものの上成り立っています。

でも、不動産というのは、その時の景気の影響は市場の影響で、日々変化しています。

ただのデ-タだけで出す査定と違う場合もあり、常に慎重に正確にすることが大切です。

そして、任意売却においての査定は更に重要度が高いと私は思っています。

なぜなら、不良債権担保不動産の売却なので、その不動産に付いている

担保が不動産の価値を上回ってることが多いので、

出来る限り、高く

売ることが重要だからです。

よく、任意売却の物件は安く買える。

と言われますが、

任意売却の物件だからって安く買える。

という認識って古いと思います。

確かに売り急ぐ物件や、不動産業者さんに買取りをしてもらわないといけない物件、

室内状況が悪い物件、瑕疵がある物件などなど、

安くしないと売れない物件は債権者さんと交渉をして安く買えることもあります。

ただ、

「任意売却物件だから安くしろよ」

と足元を見たような言い方をされると、

勘違いするなよ。

と思うわけです。

債務超過だろうが、不良債権担保不動産だろうが、競売の差押えが入っていようが、

不動産は不動産。

売主は所有者である売主さんです。

勝手に売られることもないし、安く叩き売ることもないのです。

正確な価格査定の元、できる限り高く、早く売却することが大切です。

よく、不動産業者によって、査定金額が違うことがあります。

「この不動産屋さんの査定は、1,000万円でした」

という不動産でも、

査定してみたら、1,500万円だった。

ということもあります。

普通はそんなに開く査定が出ることは、無いのですが、

□買取可能価格

□査定価格

の違いだと大幅に金額に開きが出ることがあります。

「買取可能価格」は不動産業者が買取をしてくれる金額。

不動産業者が買って、リフォ-ムして再度販売するのです。

つまり、利益を出さないと商売が成り立たないので、

安く買って、きれいにして、高く売る。

ということなので、金額が市場価格よりも低い事が多いです。

「査定価格」は市場の価格です。

一般のエンドユ-ザ-に売出しをする金額。

エンド価格と言いますが、その名の通り、エンド(終わり、最後)のお客さんに

売るので、金額が市場に出回ってる価格です。

つまり、その物件の生み出す最高価格といってよいと思います。

ただ、エンドユ-ザ-はプロではありません。

部屋が汚かったり、保証が付かなかったりするのを嫌がる人もいます。

そういった場合は、価格で調整するしかないのです。

持論ですが、

売れない不動産は無い!

と思っています。

どんな物件でも価格さえ下げれば売れる!

と思います。(本当に田舎で需要が無いところは別・・)

だからと言って、叩き売りのようにするのではなく、

正確な査定をして、色々な選択肢の中かから売出し方法を考えた方が良いのではないでしょうか?

不動産業者さんに買い取ってもらうことを否定しているわけではありません。

不動産業者さんに買い取ってもらう事にも沢山メリットがあります。

でも、任意売却の場合は、債務が残ることが多いですし、

債権者さんの合意も必要です。

そして、一番大切なの事は、自分で購入した物件を売るのであれば、

一番納得のいく方法で売却した方が今後の生活の再出発の糧になると思うのです。

そんなご相談者さんを沢山見てきました。

物件査定のご相談などお気軽にお問合せ下さいね。

明日は、物件査定の必要性と有効な依頼方法などをお伝えします。

私高橋愛子が担当させていただきます【無料相談会】

予約状況↓

          

※平日も、もちろん受け付けております。

t02200330_0800120013194907819

場所は、銀座のコンサルティングル-ム となります。

中央区銀座3-11-16 G3銀座ビル5階

地下鉄「銀座」駅徒歩5分

都営浅草線「東銀座」駅徒歩1分

日比谷線「東銀座」駅徒歩3分

お申込みはこちらのフォ-ム から

お電話でのお申し込みは、0120-447-472 まで


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する