売るに売れない状況


こんにちは。(・∀・)/

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

t02200165_0500037512894505089

お客様からのよくあるご相談↓

「売るに売れないからどうして良いかわからなかった」

ということです。

物件を売りたい

と思った時に障害になることは何でしょうか?

・いくらで売れるか?

・売れなかったらどうしよう?

・いくらお金が残るか・・

などが挙げられますが、

住宅ローンを組んで物件を購入しているお客様は、

オーバーローン(債務超過)の状態ではないか?

というのが重要な問題となります。

つまり、売って住宅ローンが全額返済できれば、何も問題なく

売却ができるのですが、物件を売っても全額返済できない場合、

足りないお金を一括で用意しないと売却ができないのです。

【例】

住宅ローン残債が、2000万円

物件の時価が、1200万円

の場合、800万円がマイナスになります。

その他に売却の経費として、

仲介手数料(3%+6万円+消費税)で44.1万円

登記の抹消費用で約2万円

引越代などで約100万円かかるとすると、

全部で946万円を用意しなくてはなりません。

946万円、一括で払えますか?

かなり厳しい状況です。

これが、売るに売れない状況です。

でも、

毎月の住宅ローンも払えない・・・

売るに売れない・・・

どうしよう・・・

と追い込まれていってしまうのです。

競売、自己破産、、、などが頭をよぎりますが、

知らないととても怖いことのように感じられ、なんとかそれだけは

避けたい・・と思うのです。

そして、住宅ローンを払い続けるために借金をしたり、

身体を酷使して働き、体調を崩してしまったり・・

悪循環に陥っていきます。

負のスパイラルとはこうゆうことです。

この状況になったときには、任意売却という方法がお勧めです。

売るに売れない

支払いもできない

どうしてよいかわからない

という状態になった時の選択肢、知識として備えてほしい方法です。

「売るに売れない」

というとき、まずはご相談ください☆

0120-447-472


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する