任意売却より競売?


こんばんは。(^∇^)

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

弊社は任意売却専門の不動産業者として創業し、

 

今年で7年目となりました。

 

始めた当時は今ほど任意売却専門業者さんは

 

いなかったように思いますが、それでも後発のスタートで、

 

「今さら任意売却やるの?」

 

 

「よく任意売却専門でやるよね・・」

 

などと言われたものです。

 

ですが、業者間では任意売却は珍しくなかったとしても、

 

一般の方には今よりはるかに知られていなかったと思うので、

 

私は、どうしてもこの「任意売却」という手法を世間に知らせ、

 

住宅ローンが払えないからと言って、

 

「競売しかない」「自己破産しかない」と追い込まれていく人たちに

 

沢山の選択肢があるということを知ってほしいと思いました。

めまぐるしく変わる不動産業界、そして任意売却業界も

 

日々変化しています。

 

つい最近まで

 

「競売は安く落札されてしまうので、任意売却の方が高く売れる」

 

という常識がありました。

 

ですが、最近では

 

「競売の方が任意売却より高く回収できる」

 

という認識が債権者さんの中で出てきています。

 

事実、競売不動産は高騰しています。

 

特に都内の競売不動産は、売却基準価格の数倍で落札されることも

 

めずらしくありません。

 

ですから、一概に

 

■競売は安い

■競売より任意売却だ

 

ということではなくなっているように思います。

 

そして、任意売却で価格を下げて担保解除に応じるよりも、

 

競売で安くなってもいいから、法の力を借りて公正に処理をされる方が、

 

良いという考え方もあります。それも理解できます。

 

ですが、私は、競売よりも任意売却の方が、債務者さんはもちろん、

 

債権者さんにもメリットがあることの方が多いと思います。

 

もちろん、債権者さんは高い回収をした方が良いに決まっています。

でも、簡単に一律して

 

「競売でいいから」

 

と言うことには、少し違うのでは?と思ってしまうことがあります。

■うちは、競売で進めます。


■競売で1円も回収できなくてもよいです。

 

これは、金融機関の経営判断です。

 

全く文句の言いようがありません。

 

ですが、

 

■高値の市場価格で買主がいる場合、

■他の債権者さんの利益が明らかになくなる場合、

■債務者さんの状況を考えた場合、

 

などなど、

 

どう考えても、「任意売却」で進めた方がいいと思う場合があります。

 

そういった時には、個別に対応してもらいたいと思うのです。

でも、それも支払えない側、回収する側、金融機関としての立場、

 

会社の方針、色々な事情があります。

 

任意売却をする一部の業者が公正明大に取引をしなくなった

 

ということも原因の一つかもしれません。

 

競売不動産が法律が変わり、リスクが軽減され、

 

一般の消費者が入札に参加したり、競売代行の業者が増えて、

 

安全に取引されるようになったことは良いことだと思います。

 

ですが、債務者さんの心情としては、

 

競売は避けたい

 

という思いはとても強いのです。

 

支払えなくなった事は悪いことかもしれません。

 

ですが、様々な事情で難しくなることもあります。

 

一度は手にしたマイホーム。

 

自らの手で売却をし、再スタートをきりたいと思うことは

 

出来る限り、尊重したいと思うのです。

以前、ある債権者さんに言われました。

 

「我々は、任意売却をすることにより、


WIN・WIN・WINの関係でなければならない。


つまり、債務者、債権者、不動産仲介業者


すべてが良くなるために任意売却をするのだ。


競売にはそれがない。


だから、しっかりやってほしい。」

 

と。

 

私はその言葉が忘れられません。

 

皆が同じベクトルを向いていることが大前提ですが、

 

任意売却には競売には無いことがたくさんあります。

 

競売を批判しているわけではないですが、

 

簡単に

 

競売でいい

 

ということだけではないのではないでしょうか?

 

個人的意見。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する