【任意売却】想定外のことがおこったら


t02200293_0768102412472299062

こんにちは。( ´艸`)

シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は、我が母校、日本大学の卒業式らしいです。

卒業生の皆さま、おめでとうございます。

数十年前の大学卒業式の写真・・・ わ、若い・・

この頃は、先の事など真剣に考えず、

「なんとかなるでしょ~(・∀・)」

と漠然と将来について思っていました。

なんとかなる。

自分は若いし、仕事なんて何でもあるし、結婚して子供ができて・・

老後は海外暮らし??なーんて感じです。

住宅ローンを組む時も、計画的に考えているつもりでも、

長い35年という後先を考えずに、ただ漠然と

なんとかなる。

という風に思っている方も多いはず。

 

こんな相談が多くあります↓

年金収入しかないのにまだローンが20年以上も残っている。

年金収入でローンを払ったら生活ができない。。

なぜ、そんな無謀なローンの組み方を当時したのでしょうか?

先日ご相談のあったお客様は、

47歳の時に住宅ローンを組み、マンションを購入しました。

35年ローン。

完済年齢 82歳です。

47歳。まだまだバリバリ働き、高収入。

この先もこのまま収入があり、退職金も出る。

退職金でローン残債を完済し、老後は悠々自適に過ごそう。

といった漠然としたお考えをお持ちだったそうです。

はい。

これ、普通のお考えですね。

まさか、60歳を過ぎてローンが払えなくなるとは思いもしません。

その後、リストラ、再就職にて収入減、そして、会社倒産。

退職金無し。貯金無し。仕事を探しても年齢的に断られる。

ローンが完済できるはずがありません。

売りたくてもオーバーローンで売れない。

どうすればいいのか?

という状況です。

そんな無謀なローンを組んでしまったのが悪いのでしょうか?

想定外の事というのはおこります。

私自身も今は健康で仕事もバリバリやっています。

この先もこの状態が続くだろう。と漠然と思っています。

でも誰にでもおこりうる「まさか」というものがあります。

その「まさか」がおこった時、どうしようも無くなってしまいます。

まずは、将来おこりうるリスクを想定してローンを組むこと。

備えをしておくこと。が大切。

でもそんな備えが出来ていない時は、

「任意売却」

という方法も一つの解決策になります。

備えあれば憂いなし。

色々な意味での「蓄え」を備えておきましょう。

お金、知識

はありすぎて困るものではありませんからね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する