任意売却と競売の違い


t02200239_0480052212407836092

こんにちは。ヘ(゚∀゚*)ノ

シナジー・マネージメント  高橋です。

今日は雪。

でも先日の大雪で買ったレインブーツがあるから

もっと降ってくれ~と余裕な感じです。

しかもお誕生日にK氏から頂いた折りたたみ傘

があるので、さらに余裕~

 

これ、コンパクトにまとまり、軽い!

カバンに毎日入れていつ雨が降ったって大丈夫な感じです。

営業マンとしては必須アイテムですね☆

とてもお気に入りアイテムです。Kさん、ありがとうドキドキ

 

さて、先日ある本の中にとても感銘をうける文章がありました。

「あきらめるな!企業再建」清水直弁護士の著書。
↓一部抜粋

差押、競売、破産は企業の解体を目指すもので、

債権の取立という面では有効であるかのように見えるが

それは局部的な現象であって、社会経済的に見れば、

債務者が利益を上げ、あるいは担保財産を任意で高価に

処分して任意に弁済したほうが遥かに社会経済的に優位である。

債務者を死滅させる債権の取立を、私(著者)は、

「破壊的債権回収法」と名付けている。

一方、債務者たる企業を生かして債権を回収する方法は、

「建設的債権回収法」と名づけられよう。

イソップ物語の北風と太陽である。

債務者の着ているマントを力ずくではぎ取るか、

自発的に脱がせるかの違いである。

前者と後者では、消費するエネルギー、経済的効果、

人間感情の上でも雲泥の差がある。

 

任意売却と競売では何が違うのか?

まさにここにあるようなことではないでしょうか。

個人と企業は違いますが、個人に置き換えて考えても

経済的にも人間感情的にも大きな差があります。

競売、自己破産、差押。

しなくても円満に解決できる方法があることを

知っているだけでも意識が変わります。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する