税金差押の話


t02200322_0480070312209783414

こんにちは。(^O^)

シナジー・マネージメント  高橋です。

従業者証明書、自分のだけ更新をし忘れていました・・・

ちょうど、設立当時の写真か?

わ、若い・・・ヽ((◎д◎ ))ゝ
そして、生意気そうな女・・

6年でこんなに変わるものでしょうか・・恐ろしい。

 

さて、本日、物件の決済がありましたが、

決済直前で固定資産税の滞納により、市役所から物件に

差押が入ってしまいました。

こうなると、差押を取り下げないと決済ができません。

今回は、何とか調整できる金額でしたので、全額納付し、

無事、決済を済ませることができました。

もし、これが高額でしたら、決済ができなかったでしょう。

事前に差押が入らないように、納付、確認が必要なのです。

しかし、皆さん、つい税金の支払いを後回しにしてしまうのです。

ほとんどの方が、ローン、カード、生活費、管理費など

目の前の支払いに追われ、税金は後回しに。。

しかし、この 「支払いの優先順位」 を間違えると、

あとで、任意売却ができなくなる原因↓

「税金の差押」

が入ってしまいます。

しかし、入ってしまったものは仕方がありません。

弊社は、税金差押が入ってしまった時の役所への交渉にも積極的に

行きます。それは、最大限、各債権者さんの利益を重視しながら、

収税率をあげるお手伝いだと思っています。

でも、各役所によって考え方が違います。

中には、全額返済(延滞税も全てで)しか、差押取下げを断固として

応じて下さらないところもあります。

そうなると、物件は、競売になってしまいます。

しかし、それでも構わない。と言います。

競売になると1円も回収できない場合でも、

全額納付以外、ダメだというのです。

0円 or 全額納付

それで、全額納付をしてもらうという方針なのでしょう。

とてもよくわかります。

が、、しかしだ。 (ここからは完全個人的意見↓)

個別に案件を見て判断するべきだと思うのです。

債務者さんが今支払い能力があるか否かを見て、

無いと判断された場合、物件売却による資金捻出でしか

支払いができない時は、他の債権者との配分を十分考慮し、

出来る限りの税金支払い分を捻出出来た場合、それを

納付してもらうほうが、収税率は上がるし、他の債権者、買主、

不動産業者、何よりも債務者自身の再生ができるので、今後の

残った税金納付の可能性も上がる。

これが、決まりだから!と競売でよい!と形式的にするべきでは

ないと思うのです。

競売になったら、税収は無い、債務者は経済的に追い込まれる、

他の債権者も回収ができない、不動産業者もタダ働き(まぁ、これはいいとして)。

誰も得をしない。

得をするのは、競売で落とした人だけ。

案件ごとに個別に精査し、任意売却を進めた方が、

収税率アップになるのではないでしょうか??

ま、そうすると払わなくても交渉次第で何とかなると支払わない人が

出てくるから、難しい問題ですよね。

あとは、教育。

もっと、税金を払う事に対する教育をきっちりすれば、

何よりも税金を払わないといけない!!!

となるのではないでしょうか。

すみません。。完全、自論で失礼しました。

税金納付は、国民の義務です。

支払いの優先順位を間違えないようにしましょう。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する