不動産を売ったら税金がかかるのか?


こんばんは。(^-^)/

シナジー・マネージメント  高橋です。

お客様から、任意売却後によくある質問↓

「売却した後に税金ってかかりますか?」

売却したことによってかかる税金は、

任意売却の場合は、ほとんどかかることはありません。

売却したことによって、買った時の金額よりも高く

売れた場合は、利益がでますよね。

その利益に対する

譲渡所得税

というのがかかることはあります。

しかし、任意売却の場合は、ほとんどの場合、

買った時の金額よりも高値で売れることは

無いのです。

ですから、利益など出るはずもなく、(出るなら任意売却などしませんね)

利益どころか、マイナスになっていることがほとんど。

税金はかかりません!!!

しかし、まれに支払いが苦しいが、売ってみたら買った時よりも

高く売れてラッキー!手にお金が残った。

と言う場合があります。(本当にまれですが)

そんな時は、税金がかかるのか?

それでも大丈夫です。

譲渡所得税は、居住用の場合、

3000万円の特別控除

というものがあります。

簡単に言うと、売った金額が買った時の金額よりも高く、

経費等を差し引いたとしても利益が3000万以上の場合に

3000万を超える部分に対して税金がかかる のです。

売れた金額-買った時の費用-売った時の費用-3000万

=課税される譲渡所得金額

3000万円も利益が出る物件なんてあるでしょうか?

周辺に本当になにも無かった土地を買い、住んでるうちに周辺が

開発され、超都心の一等地になるようなことがあれば、

不動産が高騰するでしょうが、現代ではそんなことはまず

ありません。

特に、任意売却の場合は、そんなことがほぼ無いので

税金の心配はありません。

でも知らない方は、不動産を売っただけで税金がかかると

思っているのです。

知らないと言う事は、本当にこわいことです。

なにか不動産のことでわからないことがあれば、なんでも

お気軽にご相談くださいね。


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する