権利証


こんにちわ

高橋です。

今日は、日本不動産バザール株式会社

高田社長と原田店長とランチをしました

久しぶりにお会いしましたが、相変わらず社長がおもしろくて、

店長も良い方で、有意義なランチができました。

仕事でも今後どんどん一緒にやっていきたいと思います

宜しくお願いします。

さて、権利証について、今日は書きたいと思います。

権利証は不動産を売却するときに必要な物です。

大変重要な物で、皆さん金庫に入れたりして大事に保管しています。

t02200293_0800106710870053471

↑こんな感じで、表紙がついていて、本みたいになっています。

最近では、登記識別情報という一枚の紙に変更になり、暗号化されましたが、

売却する方のほとんどがこういった形の権利証をお持ちです。

そして、困ったことに多い問題が、

権利証が無い

ということです。

なんで、そんな重要書類が無いのか???

どこに保管したかわからなくなってしまった・・

借金の形にとられてしまった・・

離婚した配偶者が持っていってしまい、連絡がとれない・・

部屋が汚すぎて探すことができない・・

などなど、様々な理由があります。

でも、権利証が無くても大丈夫です!!

当然の事ですが、権利証が無くても不動産の所有権を失うことは

ありません。

ただ、紛失したら再発行は出来ないので、司法書士さんに

面談して、所有者本人であることが証明できて

書類を法務局に提出すれば、権利証と同じ効力になります。

なので、物件の売却は可能です!

よくある質問で、

「権利証が無くても売買できるのでしょうか?」

と言われますが、全然大丈夫です。

ただし、事前に権利証が無いことがわかっていないとダメで、

費用が多少かかります。司法書士によって金額は様々ですが、

平均して5万~10万円の間です。

以前、物件の決済日の当日に権利証が無いことが発覚して

決済が出来ないことがありました

買主さんや債権者さんが一同に集まり、これから決済というときに

権利証が無いために、その日は解散することになります。

最悪の場合は任意売却が出来なくなることもあります

事前に権利証があるかどうかを確認しましょう!

もし、無くても大丈夫ですから、ご安心くださいね


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する