リバースモーゲージ詐欺に注意!


こんにちは。

 

住宅ローン問題支援ネット  の高橋愛子です。

 

今日は朝から外で動いていたのですが、

 

あまりの暑さと日差しの強さに耐えられず、、

 

日傘を購入↓

セールで半額でした。

 

値段で選んだので多少柄がタイプではないのですが、

 

薄いピンクで気に入っています。(またピンクを選んでしまいました。。)

 

会社に戻ってネット天気を見てみると、、

 

東京35度・・・。

 

そりゃ暑いはずですね。

 

もう7月だし、夏が始まりますね。

 

夏は体力を奪われるので、仕事効率が下がるので苦手ですが、、、

 

体力をつけて、がんばりたいと思います。

さて、私の本「老後破産で住むところがなくなる!あなたは大丈夫?」

老後破産で住む家がなくなる!あなたは大丈夫?/日興企画
¥1,296
Amazon.co.jp


を読んだお客様からの電話相談でした↓

「家はあるのですが、余裕がないので、

リバースモーゲージを検討しようと思って業者に相談したら、

家を一旦売却しないといけないというのですが、

売却しなくてはいけないのでしょうか?」

本の中で金融機関が行っているリバースモーゲージの紹介をしているので、

リバースモーゲージのお問合せやご相談が多いのですが、

そうった場合でリバースモーゲージに適していると判断した場合は、

金融機関を紹介させていただいています。

ただ、今回のご相談は、売却しないといけないということを言われたというので、

「ちょっと待って!」

と言いました。

最近、高齢者の

家には住み続けたいけどお金に余裕がないから

住み続けながらにして資金調達できるリバースモーゲージ

を利用した詐欺的行為が横行しています。

2年位前にも「年金機構」を名乗る業者から、

家を売却して売買代金は年金代わりに毎月支払われるという

契約をして、言われるがまま売買契約。

その後、年金代わりと言われた金額の支払いが止まり、

家が競売になった。

という事例がありました。

この年金機構を名乗る民間の会社が、高齢者から不動産を購入し、

その不動産を担保に借り入れをして、その返済が滞り、

抵当権者が競売にかけたというものです。

これはとてもひどい事例ですが(競売は取り下げになったようです)

こういった被害が多く発生しています。

ただ、リバースモーゲージは希望者が多いのですが、

融資に至るまでにはハードルが高いのが現状なのです。

最近では多数の金融機関がリバースモーゲージの商品を出していますが、

1.担保評価が低い

 (路線価の半分など)

2.土地にしか評価されない

 (一部マンションを取り扱っている金融機関もある)

3.相続人の同意が取れない

 (ご本人が亡くなったら相続人が全額返済をするか、家を手放すことになる)

4.収入が足りない

 (年金収入など一定額以上の収入が必要)

という理由でなかなか思っていた希望金額の融資が出ないという

現状があります。

そんなハードルが高いことを理由に、

リバースモーゲージと見せかけて実は安く不動産売買をして、

実際は、「安く不動産を乗っ取る」ような被害があります。

リバースモーゲージだと思ったら、セール&リースバックで、

所有権移転され、そこから家賃を払っている。

んて相談もありました。

なんとなく言葉が同じように聞こえますが、

違いますからね。

もちろん、「住み続けながら資金調達する」ということでは、

セール&リースバックも選択肢の一つではありますが、

こんなはずじゃなかった。。とよくわからないまま契約している方もいるのです。

老後の大切な資産です。

もし、売却をするなら、安く買いたたかれるような取引はしてはなりません。

自分にとってどんな方法がよいのか?

子供に迷惑をかけたくない、よくわからない、と言って独り悩み、

間違った選択をしないでください。

1人で考えずにまずはお気軽にご相談ください。

 

住宅ローン問題支援ネット 無料相談ダイアル

0120-447-472

メールは、

takahashi@synergy-m.co.jp


人気のWebコンテンツはこちらです
電話で相談するメールで相談する